ドライブレコーダー取り付け– category –

ドライブレコーダーの取り付け

5台の車に4種類のドライブレコーダーを取り付けたGbunです。

万が一の事故やあおり運転をされた場合に、ドライブレコーダーを取り付けておけば何があったのかを説明することができます。

Gbunのアイコン画像Gbun
ドライブレコーダーは抜群の安心材料です!

ドライブレコーダーを取り付けたことがなければ、どう取り付ければ良いか分かりません。

そこで、ドライブレコーダーを取り付けのポイントや実際に愛用しているドライブレコーダーのレビューをご紹介します。

ドライブレコーダーの取り付け方法

ドライブレコーダーを5台の車に取り付けしました。

車種別のドライブレコーダーの取り付け方法をご紹介します。

Gbunのアイコン画像Gbun
それぞれ専用記事で詳しくご紹介しています。

アクセラのドライブレコーダー取り付け

アクセラへ前後カメラのドライブレコーダーを取り付けしました。

電源はヒューズボックスから取り、配線は全てパネル内に隠して見えないように取り付けしています。

エアバックの邪魔にならないように配線を引いて、リアハッチもパネルの中に配線を通しています。

アクセラにドライブレコーダー取り付け

インプレッサのドライブレコーダー取り付け

インプレッサへは、前方のドライブレコーダーと後方のドライブレコーダーのそれぞれ別のドライブレコーダーを取り付けています。

スモークフィルムを施工しているので、夜間撮影に強いドライブレコーダーを後方用として取り付けています。

インプレッサスポーツのドライブレコーダー取り付け

ラパンのドライブレコーダー取り付け

ラパンへは前後カメラのドライブレコーダーを取り付けしました。

電源はヒューズボックスから取り、配線は隠しています。

フル装備のラパンだったので、パネル内は360°モニターなどの配線がぎっしり詰まっていたので、ドライブレコーダーの配線を取すのに少し苦労しました。

一番はハッチバックの部分に余計なパネルがないので、配線を通して隠すが難しかったです。

新型ラパンのドライブレコーダーの配線

ekワゴンのドライブレコーダー取り付け

ekワゴンはヒューズボックスがなく、シガーソケットから電源を取りました。

シガーソケットから電源を取っても、可能な限り配線はパネル内を通して、配線が見えないように工夫しました。

eKワゴンのドライブレコーダーの電源はシガーソケット

アテンザのドライブレコーダー取り付け

アテンザはヒューズボックスから電源を取っています。

配線はパネル内の中を通して見えないようにしています。

アクセラへ乗り換えの予定があったので、前方のみのドライブレコーダーを取り付けました。

アテンザへドライブレコーダーの取り付け

ドライブレコーダーのリアカメラの取り付け

ドライブレコーダーは前方だけよりも、後方の様子が録画できる方が良いと思います。

あおり運転を記録しようと思えば、後方のカメラもあった方が安心感が大きいです。

リアハッチの車の場合、ドライブレコーダーの取り付けの配線が少し難しいと感じるかもしません。

配線ガイドを使えば、配線をゴム製のジャバラ内や天井内を通すのに便利です。

リアから配線を引っ張る

Gbunのアイコン画像Gbun
リアまでキレイに配線が引けると楽しいですよ。

ドライブレコーダー持ち込みでの取り付け

自分でドライブレコーダーを取り付けしない場合、ドライブレコーダーを安く取り付けたいなら持ち込みでお願いするのがおすすめです。

Gbunのアイコン画像Gbun
ドライブレコーダーはネットで買うとお得です。

インターネットでドライブレコーダーを安く買って、取り付けをお願いできるお店に持ち込んで設置してもらいます。

なるべく工賃が安く、信頼できるお店にお願いすることが大切です。

工賃がビックリするくらい高額なところもあるので、事前によく調べてから取り付けを依頼した方が良いです。

グーピットを使えば、近くのお店にwebで問い合わせて、一番安く取り付けてくれるところに依頼することができます。

ドライブレコーダーにおすすめの安いSDカード

ドライブレコーダーに付属してあるマイクロSDカードは、容量が少なく記録できる時間が短いです。

Samsung ドライブレコーダー向け microSDカード

例えば長距離のドライブの場合では、道のりを全部録画で残したいと思っても、容量不足で前半の画像が消えてしまっていることも多いです。

ドライブレコーダーの設定では、容量が不足すると消去して上書きするのですが、容量が小さいマイクロSDカードだと頻繁に上書き処理されるため記録媒体としての寿命も短くなります。

大容量になれば記録時間も伸びて、上書きの頻度も減るのですが価格も上昇します。

今まで使用した中でお得でありながら、ちゃんと使えているマイクロSDカードをご紹介します。

Gbunのアイコン画像Gbun
ドライブレコーダー用の高耐久のマイクロSDカードを選んでくださいね!

ドライブレコーダーのレビュー

利用しているドライブレコーダーのレビューしたいと思います。

使っているのは、コムテックとセルスターとユピテルのドライブレコーダーです。

コムテックのドライブレコーダー

コムテックの中でも、じつは日本製と中華製があるので、日本製のモデルを使っています

コムテックのドライブレコーダーは人気ですが、日本製じゃないモデルがあるという点は注意が必要かとも思います。

万が一という状況で役立つのがドライブレコーダーなので、安心の日本製を選んでいます。

コムテックのドライブレコーダーのレビュー

Gbunのアイコン画像Gbun
コムテックのドライブレコーダーは日本製か確認してください。

セルスターのドライブレコーダー

セルスターのドライブレコーダーは、すべて自社生産で日本製です。

Gbunのアイコン画像Gbun
少し高価ですが、安心の日本製のドライブレコーダーです。

リアのカメラは小さく邪魔になりませんし、バランスの良い機種だと思います。

セルスターのドライブレコーダーのレビュー

セルスターのドライブレコーダーは前後カメラのものを利用して、気に入っているので2台の車に取り付けています。

Gbunのアイコン画像Gbun
お気に入りのドライブレコーダーです。

ユピテルのドライブレコーダー

ユピテルのドライブレコーダーは、コンパクトなのでリアに使っています。

夜間の撮影に強いモデルなので、リアがスモークガラスになっている車にもおすすめです。

Gbunのアイコン画像Gbun
リア用ドライブレコーダーとして使っています。

ユピテルのドライブレコーダーレビュー

定期的にマイクロSDカードを初期化する必要があり手間がかかりますが、値段も安くトラブルもなく利用できている満足度の高いドライブレコーダーです。

読んでおきたいドラレコ取り付けの記事