【セルスターCSD-790FHG|レビュー】メリットとデメリット

セルスターCSD-790FHGを2台の車に取り付けました。実際に使って感じたCSD-790FHGのメリットとデメリットについて書いています。外観を含めてCSD-790FHGを詳しくレビューします。

家族がマツダのアテンザからアクセラスポーツへ乗り換えました。

アテンザにはコムテックHDR-202Gのドライブレコーダーを取り付けていましたが、アクセラに乗り換えにともない前後録画できるタイプにすることにしました。選んだのはセルスターのCSD-790FHGです。

コムテックにも前後録画できるドライブレコーダーはあるのですが、今回はセルスターをチョイスしてみました。この記事では、セルスター CSD-790FHGの概要をご紹介します。

Gbunのアイコン画像Gbun
アクセラのドライブレコーダーは、セルスター CSD-790FHGにしました。
アクセラスポーツ
目次

セルスター CSD-790FHGのメリット

【おすすめドライブレコーダー】前後録画できるセルスター CSD-790FHG
CSD-790FHGのおすすめポイント
  1. 前後録画できる
  2. 安心の日本製

今回のドライブレコーダーを選んだ時のポイントは、『前後録画できること』『日本製であること』という2点です。セルスターのレーダーとも繋げるというのも、セルスターのレーダー好きとしては嬉しいです。

Gbunのアイコン画像Gbun
万が一の時に備えて、前後録画と日本製というポイントで選びました。

前後録画できるドライブレコーダー!

ドライブレコーダー取り付け|前後録画できるセルスター CSD‐790FHD

セルスター CSD-790FHGの特徴は、前後録画できることです。

前方用のカメラと後方用のカメラがセットされているので、あおり運転や後方からの追突事故にも対応できます。今までは前方にだけドライブレコーダーを取り付けていましたが、後方もカバーできるようにセルスター CSD-790FHGを選びました。

Gbunのアイコン画像Gbun
やはり後方のカメラもある方が安心です。

安心の国内生産!

国内メーカーのドライブレコーダーでも、国内生産ではないものも結構あります。セルスター CSD-790FHGは、安心の日本製です。

セルスター CSD-790FHG

パッケージにも三重県の自社工場で一貫生産とあります。日本製という安心感は大きいです。

Gbunのアイコン画像Gbun
ドライブレコーダーは日本製と決めています!

セルスター CSD-790FHGのデメリット

CSD-790FHGの残念なところ
  1. 後方カメラが100万画素
  2. 固定ステーが動きやすい

後方カメラが100満画素

本体の前方カメラは200万画素ありますが、後方のリアカメラは100万画素となっています。100万画素でもドライブレコーダーとしては必要な記録はできますが、もう少し画素数が欲しいと感じるかもしれません。

ステーが動きやすい

固定ステーがレンチで止めるタイプのステーと違って、プラで締め付けるタイプなので緩みやすくサンシェードなどが当たると動いてしまうこともあります。逆に言えば調整や直すのも簡単です。

セルスター CSD-790FHGのステー

セルスター CSD-790FHGの詳細

セルスター CSD-790FHGの概要をチェックします。

フロントカメラの外観

フロントカメラのサイズは、幅9.2×高さ8.2×厚さ2.3センチとなっています。フロントガラスに取り付けても、バックミラーの陰に隠れるサイズなので違和感はありません。

セルスター CSD-790FHG|フロントカメラ

フロントカメラのレンズは、左の方に付いています。

おすすめドライブレコーダー|セルスター CSD-790FHG

2.4インチモニター搭載です。モニターはタッチパネル式になっています。

セルスター CSD-790FHG|フロントカメラ

モニターがタッチパネルなので、どこにもボタンはありません。

セルスター CSD-790FHG|フロントカメラ

上部には電源コード用の差し込み口と、後方カメラとの接続口、さらにレーダーなどを接続するための接続口があります。真ん中は取り付けのステーを装着する部分です。

セルスター CSD-790FHG|フロントカメラ

SDカードは下から行います。

おすすめドライブレコーダー|セルスター CSD-790FHGの概要

リアカメラの外観

リアカメラのサイズは、幅3.5×高さ6.5×厚さ1.8センチとなっています。

アクセラもそうですが、最近の車はリアガラスが小さい車が多いです。フロントカメラとリアカメラのセットを選んだのは、リアカメラが小さいからという理由もあります。

セルスター CSD-790FHG|リアカメラ

リアカメラが小さければ、ドライブレコーダー取り付け後も後方の圧迫感が少なくて良いです。

とてもシンプルなリアカメラ。

セルスター CSD-790FHG|リアカメラ

どの角度でも設置できるように、上のスイッチで上下反転、下のスイッチで左右反転できるようになっています。

右にあるのは、フロントカメラと繋ぐケーブルの差し込み口です。

セルスター CSD-790FHG|リアカメラ

付属品

セルスター CSD-790FHG|付属品

必要なものは一通り同封されています。

セルスター CSD-790FHGの付属しているのは、シガーソケットから電源を取るコードです。

セルスター CSD-790FHG|付属品

Gbunはシガーソケットからでなく、ヒューズから電源を取るのでセルスター CSD-790FHGの他に『エーモン 電源ソケット DC12V/24V60W以下 ヒューズ電源タイプ 1542』を用意しました。

エーモン 電源ソケット DC12V/24V60W以下 ヒューズ電源タイプ 1542

このコードでフロントカメラとリアカメラを接続することでリアに電源を供給し、同時にリアカメラが捉えている映像をフロントカメラへと送信します。

配線

万が一事故にあった場合、ドライブレコーダーを新たに購入する買い替え保障(4万円)が付いています。

【おすすめドライブレコーダー】前後録画できるセルスター CSD-790FHG

【セルスター CSD-790FHG|レビュー】日本製ドラレコ まとめ

この記事では、「【セルスター CSD-790FHG|レビュー】日本製ドラレコ」について書きました。

前後ともに記録できるのはやはり心強いです。さっそく、新車で納車されたアクセラスポーツにDIYで取り付けします!

CSD-790FHGを取り付けた記事

コメント

コメントする

目次
閉じる