新型ラパン(DBA-HE33S)前後ドライブレコーダー取り付け方法

ドライブレコーダー取り付け

新型ラパン(DBA-HE33S)前後ドライブレコーダー取り付け方法

新型ラパン(DBA-HE33S)が納車になったので、納車日にドライブレコーダーを早速取り付けることにしました。

ラパン購入の話は、別記事「ラパンを購入!値引きの金額が店舗で違う?!お得に契約した方法」で詳しくご紹介しています。

Gbun
ラパンとっても可愛いです!

この記事では新型ラパン(DBA-HE33S)に前後ドライブレコーダーを取り付けた方法をご紹介します。

新型ラパン シフォンアイボリーメタリック ホワイト2トーンルーフ

 

取り付けるドライブレコーダー|セルスター 前後2カメラ CSD-790FHG

新型ラパンに取り付けるドライブレコーダーは、セルスター 前後2カメラドライブレコーダー CSD-790FHGです。

セルスターCSD-790FHGのドライブレコーダーは、じつは2つ目です。家族のアクセラにも同じドライブレコーダーを取り付けていて、問題なく動作していて安心感があるので、ラパンにも取り付けることにしました。

【セルスター】DIYで前後カメラ型ドライブレコーダーを取り付け|アクセラ

セルスター 前後2カメラドライブレコーダー CSD-790FHG

CSD-790FHGのおすすめポイント

  1. 前後録画できる
  2. 安心の日本製

前後録画できる2カメラのドライブレコーダーで、日本製というのが気に入っているポイントです。

Gbun
2カメラの日本製ドラレコって少ないんですよ。
関連
セルスター CSD-790FHGを購入
【レビュー|セルスター CSD-790FHG】前後録画できる”日本製”ドライブレコーダー

続きを見る

 

 

ドライブレコーダー取り付けで準備した物

新型ラパン(DBA-HE33S)にドライブレコーダーを取り付けるために準備した物をご紹介します。

ラパンにドライブれこだー取り付けで用意した物

用意した物

  • セルスター CSD-790FHG
  • エーモン 電源ソケット ヒューズ電源タイプ 1542
  • Samsung ドライブレコーダー向け マイクロSDカード32GB

ドライブレコーダーの配線を隠したかったので、シガーソケットから電源を取るのではなく、ヒューズボックスから電源を取るためにエーモン 電源ソケット ヒューズ電源タイプ 1542を用意しました。

セルスター CSD-790FHGのドライブレコーダーには16GBのマイクロSDカードが付属しています。もう少し容量が多い方が録画時間が伸びるので、Samsung ドライブレコーダー向けのマイクロSDカード32GBを使うことにしました。

エーモンの電源ソケットも、サムソンの高耐久のマイクロSDカードともにいつも使っているアイテムです。

Gbun
ドライブレコーダーを取り付けるのは、今回のラパンで5台目です。

 

新型ラパン(DBA-HE33S)にドライブレコーダーを取り付ける方法

もっと詳しく

  1. ヒューズボックスから電源確保
  2. 前方のドライブレコーダー取り付け
  3. 後方のドライブレコーダーカメラ取付

まずは電源を取る場所であるヒューズボックスを確認しました。それから前、後ろの順でドライブレコーダーを取り付けました。

Gbun
一つずつ詳しくご紹介します。

 

新型ラパンのヒューズボックスから電源確保する

シガーソケットからドライブレコーダーの電源を取ると配線が見えてしまいます。配線が見えないように隠してスッキリとするために、ヒューズから電源を取ります。

新型ラパン(DBA-HE33S)のヒューズボックスの場所

新型ラパン(DBA-HE33S)のヒューズボックスの位置は、助手席のグローブボックスを外した左奥にあります。

新型ラパン(DBA-HE33S)のヒューズボックスの場所

 

プラスチックの黒いカバーを外せば、ヒューズが現れます。

Gbun
狭く奥まったところに、ヒューズボックスがあるのにビックリ!

新型ラパン(DBA-HE33S)のヒューズボックス

 

ヒューズからドライブレコーダーの電源を取る

ヒューズからドライブレコーダーの電源を取るのには、エーモン 電源ソケット ヒューズ電源タイプ 1542を利用すると簡単です。

エーモン 電源ソケット  ヒューズ電源タイプ 1542

 

新型ラパン(DBA-HE33S)のヒューズは、低背ヒューズです。

エーモンの電源ソケットのヒューズを、同封されている低背ヒューズに交換します。

低背ヒューズに交換する

 

ドライブレコーダーの電源は、以下の写真のヒューズの場所から取ることにしました。15AヒューズのACC電源です。

ポイント

ACC電源はアクセサリー電源と呼ばれ、エンジンをONすると電流が流れます。

新型ラパン(DBA-HE33S)のヒューズからドライブレコーダーの電源を取る

 

ヒューズを抜き取ったところに、エーモンの電源ソケットのヒューズをしっかりと差し込みます。写真は差し込み途中です。

ヒューズには方向があるので注意してください。

Gbun
上がプラスになっています。

エーモンの電源ソケットのヒューズを差し込む

 

ヒューズボックスの下に、マイナスのボディーアースを取れるボルトがあります。

新型ラパン(DBA-HE33S)のマイナスの位置

 

マイナスのボディーアースのボルトにエーモンの電源ソケットのアースを設置するために、作業の邪魔になる発煙筒が設置されているカバーを外します。

発煙筒の後ろにあるクリップを取れば、引っ張れば外れます。

発煙感が付いているカバーを外す

 

マイナスの端子をボルトを一度緩めてから、差し込んで締め付けてセットします。

マイナス端子を取り付ける

 

マイナスのボディーアースにつなげれば電源確保完了です。

エーモンの電源ソケットとドライブレコーダーのシガーソケットプラグをつなぎます。ドライブレコーダーに配線を差し込んで、エンジンをONにし、通電しドライブレコーダーが正常に起動するか確認します。

電源ソケットとシガーソケットプラグをつなぐ

 

新型ラパン(DBA-HE33S)に前方のドライブレコーダーを設置する

ヒューズから電源を確保できたので、次は前方のドライブレコーダー(セルスター CSD-790FHG 本体)を取り付けします。

前方のドライブレコーダーの位置

新型ラパン(DBA-HE33S)には安全装備でカメラが設置してあります。ナビのアンテナや車検シールなどを避けてドライブレコーダーを設置しました。

前方のドライブレコーダーの位置を決める

 

前方のドライブレコーダーは映像をチェックしながら、この位置に決めました。バックミラーの後ろになり、運転席からは死角になっている場所です。

Gbun
運転席からは見えないので、運転には支障なしです。

新型ラパン(DBA-HE33S)のドライブレコーダーを設置位置

 

セルスター CSD-790FHGのステーは短い方を使いました。

セルスター CSD-790FHGのステー

 

新型ラパン(DBA-HE33S)のピラーを外す

前方のドライブレコーダーの配線を隠すために、Aピラーを外します。

ウェザーストリップ(黒いゴム)を引っ張って少し外してから、ピラーを上方向に引っ張るように外します。

新型ラパン(DBA-HE33S)のAピラーを外す

 

ピラーは2つのピンで止まっています。

新型ラパン(DBA-HE33S)のピラーを外す

 

ダッシュボードの下に隠れている部分です。ツメが引っかかるような構造なので、引き抜く時に注意してください。

ダッシュボードに隠れている部分の構造

 

ドライブレコーダーの配線を隠す

ドライブレコーダーの配線を天井のカバーに隠します。付属の両面テープが付いたフックを使えばナビのアンテナも邪魔になりません。

配線を隠してラパンにドライブレコーダー取り付け

 

ドライブレコーダーの配線は、ピラーの中の配線と一緒に結束バンドで固定して隠します。これで、配線が出ている部分はカメラの横の部分だけです。

ピラーの中に配線を隠す

 

新型ラパン(DBA-HE33S)後方のドライブレコーダー設置

後方様子を録画するドライブレコーダーの別体カメラを取り付けます。

別体カメラの配線は、前に取り付けたドライブレコーダー(セルスター CSD-790FHG 本体)から配線を引っ張ってくる必要があります。

Gbun
こんな感じで配線を走らせました。

新型ラパンのドライブレコーダーの配線

 

後ろのドライブレコーダーのカメラの位置

新型ラパン(DBA-HE33S)後方のドライブレコーダーのカメラの位置はワイパーがない方の下。運転席からはちょうど死角になる場所につけました。

上部につけるのが一般的ですが、新型ラパン(DBA-HE33S)のハッチには上部に配線を隠せそうなカバーがないので、窓の下部にあるカバーを利用することにしました。

新型ラパン(DBA-HE33S)後方のドライブレコーダーの位置

 

配線ガイドを利用する

エーモン 配線ガイドを利用して天井内や、ゴムパッキン内、ハッチの中に配線を通しました。

エーモン 配線ガイドを利用する

 

配線ガイドを使えば、ハッチの中へドライブレコーダーの配線が引き込めます。

 

ハッチのドアに付いている黒いカバーは簡単に外すことができます。

カバーを外す

 

黒いカバーは4つの爪で止まっているので、引っ張れば外せます。

カバーの爪の位置

 

ドライブレコーダーの配線を必要な分だけ出します。

ドライブレコーダーの配線を出す

 

セルスター CSD-790FHGの別体カメラは小型なので、スッキリと取り付けできました。

Gbun
配線はほとんど見えません。

上下逆に設置しようと思ったのですが、ドライブレコーダーのステーの角度的に無理でした。配線も見えている箇所がなく設置できたので満足です。

新型ラパン(DBA-HE33S)の後ろのドライブレコーダー取り付け

 

ドラレコステッカー(マグネット)を付けよう!

後ろから新型ラパンを見たところです。

プライバシーガラスなので、光の加減ではドライブレコーダーを取り付けていることが分かりません。

ドライブレコーダー設置を知らせるマグネットを貼り付けています。ドライブレコーダーを付けていても後方の車に伝わらなければ、あおり運転をされることもあります。

Gbun
ドラレコのステッカー(マグネット)は効果があるのでおすすめです!

新型ラパンにドライブレコーダー

 

新型ラパン(DBA-HE33S)前後ドライブレコーダー取り付け方法 まとめ

この記事では「新型ラパン(DBA-HE33S)前後ドライブレコーダー取り付け方法」について書きました。

今までインプレッサスポーツやeKワゴン、アクセラなど4台の車にドライブレコーダーを取り付けましたが、新型ラパン(DBA-HE33S)が一番時間がかかりました。

Gbun
理由は、狭いからです。

安全装置や全方位モニターのオプションを付けているからか、ヒューズボックス周りなど作業スペースが狭いです。狭いスペースにぎっしり配線などが詰まっていて、無駄がないイメージです。なので配線の取り回しやヒューズ1つ抜くのにも、思った以上に時間がかかりました。

と言っても、前後共にドライブレコーダーの配線はしっかり見えないように隠すことはできました。見えているのは、ドライブレコーダーに差し込んでいる部分だけです。

Gbun
新車だったので、各パーツも柔らかく取り外ししやすかったです。

新型ラパン(DBA-HE33S)はリアの窓がコンパクトなので、セルスター CSD-790FHGの後部のカメラが小さいので邪魔にならずぴったりでした。

関連
ドライブレコーダー取り付け まとめ|コムテック・ユピテル・セルスターを5車種に取り付け

続きを見る

関連
ドライブレコーダー(CSD-790FHG)の取り付け
【セルスター】DIYで前後カメラ型ドライブレコーダーを取り付け|アクセラ

続きを見る

関連
セルスター CSD-790FHGを購入
【レビュー|セルスター CSD-790FHG】前後録画できる”日本製”ドライブレコーダー

続きを見る

DIYでガラスコーティングしてみる?

本格派車ガラスコーティング剤

こちらの記事も読まれています

  • この記事を書いた人

Gbun

なんでも自分で試行錯誤するのが好きです。車も家でもDIYします。 筋トレが趣味。動物看護師の資格も持つ愛犬家です。

-ドライブレコーダー取り付け
-,

Copyright© Gbunで , 2019 All Rights Reserved.