ラパンを購入!値引きの金額が店舗で違う?!お得に契約した方法

増税前にラパンを購入しました!

母が三菱eKワゴンから乗り換えるという事で、Gbunが色々な車を調べました。一番は安全性能、そして母が気に入ったスタイルであったラパンに決定。

Gbunのアイコン画像Gbun
重視したポイントは安全装備でした。

車種をラパン1本に絞ったという事で、あとは値引きが良く信頼できる店舗で購入するだけとなりました。この記事では実際にラパンを効率よく大幅に値引きしてもらい購入した方法をご紹介します。

 

目次

ラパンの値引き|効率よく値引きを引き出したい

ラパンを買うと決めているので、ダラダラとディーラー通いするのは面倒だと考えていました。

何度も通って交渉するのも値引きをお願いする方法としてあると思いますが、効率よく商談を進めたいと最初から臨みました。

効率よく商談するコツ

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”” bgcolor=”#E8F5E9″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=””]

  •  試乗予約をしてディーラーの店舗へ行く
  • 家族で行く
  • 系列の違うスズキの店舗へ行く

効率よくラパンの値引きをしてもらって、購入するために3つの事を意識しました。

Gbunのアイコン画像Gbun
一つずつ詳しく説明します。

 

ラパンの試乗予約で購入意欲を見せる

スタイリングでラパンを気に入った母ですが、死角や乗り心地などラパンに実際に乗らなければ分からない事は多いです。

ラパンの試乗車がいつもディーラーにあるという訳ではなく、店舗ごとで試乗車を巡回させているのでフラっと店に立ち寄ると試乗できない可能性もあります。

効率よくラパンを購入したかったので、来店予約と試乗予約をしました。

来店予約と試乗予約をすることで、最初の来店でも営業さんは時間を空けて対応してくれますし、ラパンに確実に試乗できます

予約をして来店をしているので、冷やかしではなく『購入意欲の高い客』として、営業さんも力を入れて対応してくれます。

Gbunのアイコン画像Gbun
購入するぞ!という態度を示します。

展示車・試乗車の検索→スズキ公式サイト

 

ラパンの購入には家族でディーラーへ行く

実家の母の車の買い替えだったので、ディーラーへは母と父、そして車が好きなGbunが一緒に行きました。

よくディーラーへ1人で行って、次回に家族を連れてくるというケースありますよね?車の購入は、家族会議的なものが必要なことが多いので、最初から関係者(家族)が揃って来店するのが効率的です。

家族で行くことで詰めた話ができるので、やはり『購入意欲の高い客』として営業さんも対応してくれます。

Gbunのアイコン画像Gbun
家族で行けば、即断即決がしやすいですね。

 

競合は系列の違うスズキの店舗

ラパンは2019年6月にマイナーチェンジされ、安全性能が向上されたばかりなので値引きがされにくい印象を受けました。

他の車ではなくラパン1本に絞っていたので、ダイハツや三菱の軽自動車と競合させてもあまり意味がないと感じました。ラパンよりも大幅な値引きが他の車で提案された場合、少し損した気分になりますしね。

そこで、経営元の違うスズキの店舗へ行って、スズキ同士で値引きを比較することにしました。

スズキは大きく分けると、スズキ自動車が販売をしているスズキ自販と、スズキが販売を依頼している店舗の2つの種類のお店があります。

(株)スズキ自販○○といた名前や、(株)スズキアリーナ○○、(株)スズキ販売など、会社名も違います。会社が違うので、同じスズキの車を販売しているお店でも競合となります。

系列の違うスズキ

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”” bgcolor=”#E8F5E9″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=””]

  1. スズキ自動車が販売している:スズキ自販
  2. スズキが販売を業務委託している:その他多くのスズキのお店

 

Gbunのアイコン画像Gbun
同じスズキでもいろんなお店があります。

 

 

スズキ自販の値引きは大きい!見積書を公開

スズキ自販の店舗と、系列の違うスズキの店舗でそれぞれ1回目の見積もりを取って帰宅2回目の来店時(翌週)に値引きを確定させて購入、という流れで進めました。

購入までで店舗へ行ったのは2回です。あと追加で、書類のやり取りで契約後に1度行っています。

1度目のラパン値引きの見積もり

結論から言うと、同じ装備で同じグレードのラパンでもスズキ自販の方が値引きが良かったです。1度目の値引きでの差額は38,940円で、約4万円の値引きの差がありました。

*下取り車あり。←といっても年代物のeKワゴンです。

ラパンの見積書1回目

1度目の値引きの差額

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”” bgcolor=”#E8F5E9″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=””]

  •  スズキ自販A店:1,582,568円
  • スズキ販売B店:1,621,508円