キレイに!アテンザにドライブレコーダー取り付ける方法

ドライブレコーダーを家族の車4台に取り付けたGbunです。

ドライブレコーダーの配線が見えないように、キレイに取り付けるコツをご紹介します。マツダアテンザにドライブレコーダーを取り付けしました。

Gbunのアイコン画像Gbun
今回取り付けた車はアテンザです。
目次

取り付けるドライブレコーダー|コムテック HDR-202G

まずは、取り付けたドライブレコーダーをご紹介します。アテンザにつけたのは、コムテック ドライブレコーダー HDR-202Gです。モニターが2.7インチあるので、ドライブレコーダー自体で動画の確認し易いのが選んだポイントです。

Gbunのアイコン画像Gbun
モニターが大きめで見やすいですよ。

コムテックHDR-202Gについては、レビューを専用記事に詳しく書いていますので参考にしてください。

コムテックのドライブレコーダー
Gbunのアイコン画像Gbun
後継機のコムテックHDR-203Gなら、200万画素になっています!

コムテックHDR-202Gの後継機

コムテックHDR-202Gの後継機が登場しています!画質は200万画素、広い範囲を撮影できる広角レンズを搭載しています。

ヒューズボックスから電源を取る準備

ドライブレコーダーの電源はシガーソケットから取るようになっています。シガーソケットから電源を取ってしまうと、シガーソケットから配線が常に見えるようになってしまします。

電源をヒューズボックスから取るようにすれば、室内からドライブレコーダー配線が見えるずに、きれいに取り付けができます。

Gbunのアイコン画像Gbun
配線を見えないように取り付けるなら、ヒューズボックスがおすすめです。
ヒューズボックスから電源を取るために用意するもの
  1. エーモンプラグロック電源ソケット
  2. エーモン 低背ヒューズ電源

エーモンプラグロック電源ソケット

まず用意する一つ目は、エーモン プラグロック電源ソケットです。Gbunは分岐付きを利用しました。

分岐は必要なかったのですが、割安だったのでこちらを購入して利用しました。

ドライブレコーダーを配線が出ないように取り付ける

エーモン 低背ヒューズ電源

もう一つは、ヒューズボックスから電源を取るためのエーモン 低背ヒューズ電源 E577です。

Gbunのアイコン画像Gbun
アテンザは低背ヒューズが使われています。

ヒューズの形は3種類あり、車種によって違うので確認してから購入するようにします。

きれいにドライブレコーダーを取り付ける方法

アテンザのドライブレコーダーの取り付け方

アテンザへドライブレコーダーの取り付けを行った実際の様子をご紹介します。取り付けは8つのステップで完了します。

取り付けステップ
  1. ドライブレコーダーの取り付け位置を決める
  2. ヒューズボックスの位置を確認する
  3. ヒューズボックスのカバーを外す
  4. ヒューズとエーモン プラグロック電源ソケットをつなぐ
  5. ヒューズボックスにから電源を取る
  6. シガーソケットプラグを固定する
  7. ドライブレコーダーの配線を隠す
  8. グローブボックスからヒューズボックスまで配線を引き込む
STEP
ドライブレコーダーの取り付け位置を決める

ドライブレコーダーの設置場所は、窓ガラスの長さの上部20%以内に収まる場所にします。Gbunは、いつもフロントガラスのバックミラー裏に取り付けています。

この位置は、運転席からはバックミラーでドライブレコーダーが見えない位置で、運転の邪魔になりません。ちなみに助手席からは良く見えるため、画面の確認や設定もしやすいです。

Gbunのアイコン画像Gbun
パトカーでも採用されている取り付け位置です。
アテンザにドライブレコーダーを取り付ける
STEP
ヒューズボックスの位置を確認する

ドライブレコーダー位置が決まれば、次は電源の確保です。アテンザのヒューズボックスは助手席の足元にあります。

アテンザのヒューズボックス
STEP
ヒューズボックスのカバーを外す
Gbunのアイコン画像Gbun
カバーは引っ張れば簡単に外れます。

ACCなどの影響がないヒューズから電源を取ります。

アテンザのヒューズボックス
STEP
ヒューズとエーモン プラグロック電源ソケットをつなぐ

購入したヒューズとエーモン プラグロック電源ソケットつなぎます。

Gbunのアイコン画像Gbun
グッと差し込むだけでOKです。
ヒューズとエーモンプラグロック電源ソケットをつなぐ

しっかり差し込めば接続完了!

ヒューズとエーモンプラグロック電源ソケットをつないだ
STEP
ヒューズボックスにから電源を取る

ヒューズボックスにヒューズを通します。ACCなどの電源のヒューズと、配線したヒューズを交換します。

ヒューズには取り付け方向があります。電源が入らない場合は向きを反対にして試しましょう。

ヒューズをボックス内へ通す
STEP
シガーソケットプラグを固定する

ドライブレコーダーに付属しているシガーソケットプラグをエーモン プラグロック電源ソケットに差し込みます。ネジ式になっているので、差し込んだ後は締め付けて外れないように固定します。

シガーソケットとエーモン プラグロック電源ソケットを固定する
STEP
ドライブレコーダーの配線を隠す

ドライブレコーダー本体から出ている配線を、天井を通してピラーまで持ってきます。ピラーを外して配線グローブボックスまで引き込みます。

Gbunのアイコン画像Gbun
サイドエアバック装着車は、エアバックが開いても大丈夫なところに配線を固定します。
ドライブレコーダーからの配線を隠す
STEP
グローブボックスからヒューズボックスまで配線を引き込む

ピラーからグローブボックス、グローブボックスからヒューズボックスという順に配線を隠していきます。余った配線を、グローブボックス裏にまとめて固定すれば完成です。

Gbunのアイコン画像Gbun
余った配線をグローブボックス裏に固定するのに使っています。
ピラーからグローブボックスに配線を通す

アテンザにドライブレコーダー取り付ける方法 まとめ

この記事では「アテンザにドライブレコーダー取り付ける方法」について書きました。

ヒューズボックスから電源を取れば、ドライブレコーダーの配線をきれいに隠すことができます。ドライブレコーダーの取り付けにかかる時間は、初めてでも1時間も必要ありません。慣れれば30分以内に終わる簡単な作業です。

取り付けを業者に頼むと工賃が高いですし、『シガーソケットから電源を取られたから配線が丸見え』といった意見もあります。ドライブレコーダーは、自分で取り付けできます。

Gbunのアイコン画像Gbun
ぜひチャレンジしてくださいね!
Gbunのアイコン画像Gbun
後継機のコムテックHDR-203Gなら、200万画素になっています!

コムテックHDR-202Gの後継機

コムテックHDR-202Gの後継機が登場しています!画質は200万画素、広い範囲を撮影できる広角レンズを搭載しています。

Gbunが取り付けた他の車の記事はこちら

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる