インプレッサスポーツ|ドライブレコーダーの取り付け方法

2017-12-06

インプレッサスポーツ|ドライブレコーダーの取り付け方法

車をDIYでいじるのが好きなGbunです。

家族の車も含めると、合計5台の車にドライブレコーダーを取り付けしています。

愛車インプレッサスポーツにドライブレコーダーを取り付けた方法をご紹介します。

この記事では、前方向のドライブレコーダーをヒューズボックスから電源をとり、取り付けた方法を書いていきます。

インプレッサスポーツには前方向のドライブレコーダーと、後方のドライブレコーダーの両方を取り付けています。ただし、前後カメラ式のドライブレコーダーではなく、前後で違うドライブレコーダーを取り付けています

その理由は、インプレッサスポーツのリアにスモークフィルムを貼っているので、リアはスモークガラスに強いドライブレコーダーを取り付けたかったからです。

後方のドライブレコーダー取り付けの記事は別途専用記事でご紹介しています。

個別記事でもっと詳しく!

リアにドライブレコーダー取り付け

リアにドライブレコーダー取り付け|ユピテルをインプレッサスポーツに設置

 

取り付けする車とドライブレコーダー

取り付けを行うのは、Gbunのインプレッサスポーツです。ちなみに軽量にこだわったのでGP2。

ドライブレコーダーを取り付ける車:インプレッサスポーツ

取り付けを行う車は、Gbunの愛車であるインプレッサスポーツSP前期モデルです。

取り付けるドライブレコーダー:コムテック HDR-102

今回取り付けるのは『安心の日本製のドライブレコーダー』コムテックHDR-102です。

このモデルの外観や仕様などの詳しい記事は別途用意しています。

コムテックHDR-102

HDR-102は日本製!なのに安いドライブレコーダー
日本製で安心!お買い得なドラレコ|コムテック HDR-102

 

コムテックHDR-102の後継機

現在は、Gbunが使っているコムテックHDR-102の後継機が登場しています!画質は200万画素、広い範囲を撮影できる広角レンズを搭載しています。

 

コムテック HDR-102の付属品

付属品はシガーソケット用電源コード、六角レンチ、配線用フック、micro-SDカードアダプター、両面テープ、脱脂用のペーパーです。

Gbun
シガーソケットから電源を取るなら、必要な物はすべて同封されています。

 

ドライブレコーダーの電源はどこから?

ドライブレコーダーの取り付けを行う場合、一番最初に考えるのが電源の取り方です。

一番簡単な方法は、付属品を利用してシガーソケットから電源を取る方法です。とても簡単は反面、シガーソケットから電源を取ると車の中でコードが目について気になります。

Gbun
電源を取るのはシガーソケットからが一番簡単です。

どこから電源を取る?

  • シガーソケット:簡単だけど、配線が目立つ
  • ヒューズボックス:目に見える配線がなくスッキリ 

 

電源をヒューズボックスから取る

Gbunの場合、ほとんどの電装品はヒューズボックスから電源を取っています。

そうすることで車内の配線をスッキリできます!

Gbun
配線が極力見えないように取り付けします。

インプレッサスポーツSP前期では、ヒューズボックスはハンドルの右下にあります。

ヒューズボックスからドライブレコーダーの電源を取ります。

 

エーモン電源ソケット1542がおすすめ

コムテック HDR-102は、シガーソケットから電源を取るようにシガーソケット用のコードが付属されています。

エーモンの電源ソケットを利用すれば、純正のコードを利用して、簡単にヒューズボックスから電源を取ることができます!

ヒューズ電源ならエーモン電源ソケット1542

 

エーモン電源ソケットは3つの種類のヒューズに対応しています。

ちなみにインプレッサスポーツSP前期は一番右の、『ミニ平型』と呼ばれている種類のものです。(我が家のワンコが鼻で示しているやつです(笑))

エーモン電源ソケット1542は色々な形のヒューズに対応

 

ヒューズの種類は簡単に交換できるので、色々な種類のクルマに使用することができます。

 

また、ネジ式でシガーソケットが振動等で抜け落ちる心配がありません。配線を隠した後で外れてしまうと面倒ですが、その点ネジ式で固定できるので安心です。

エーモンの電源ソケットならシガーソケットが外れない

 

ドライブレコーダーの取り付け方法

インプレッサスポーツにドライブレコーダーを取り付ける方法をご紹介します。

Gbun
取り付け手順をご紹介します!

step
1
ヒューズボックスから電源を取る

ヒューズボックスのカバーを外しただけだと、マイナスのボルトにアプロ―チし難かったので周りのパネル(スタートボタンがあるパネル)も外しました。

 

step
2
ドライブレコーダーの台座角度の調整

電源へのアプローチが決まったところで、一番大事なドライブレコーダーの位置決めです。

付属の六角で台座の角度が変えられます。

 

step
3
フロントガラスに設置する

ダッシュボードの上にするか、フロントガラスにするか…。

配線を隠すことや運転の支障にならないようにと考えて、フロントガラスを選択しました。

Gbun
パトカーも取り付けている位置です。

運転時は邪魔にならないように、バックミラーで死角になる位置にしました。助手席からは見えるので、設定など取り付け後に変更する時も楽です。

隣にあるのはサイバーナビのカメラです。

 

step
4
撮影画面を見ながら固定

まずシガーソケットから電源を取った形で動作確認をします。

映っている画面の角度や視野を何回も確認します。

それでOKなら、フロントガラス面を付属の脱脂用の布で拭いて、付属の両面テープで貼り付けます。

 

step
5
ドライブレコーダー側から配線を隠す

位置が決まれば、あとは配線を隠していきます。

ドライブレコーダー側から、天井パネル内に配線を押し込み隠します。

ナビやセキュリティーの配線がちょっと邪魔でしたが、ドライブレコーダーの配線も奥に差し込みます。

 

step
6
ピラー内に配線を通す

ピラーにも這わせて隠していきます。

サイドエアバックが付いているので、ピラーを外してエアバックが開いたときにの邪魔にならない位置に配線を固定します。

 

step
7
ヒューズボックスまで回線を引き込む

ヒューズボックス近くまで来たら、再度の四角い穴から中に引き込みました。

 

step
8
エーモン電源ソケットにシガーソケットをつなぐ

ヒューズをエーモン電源ソケットと交換し、シガーソケットをエーモン電源ソケットに固定します。

 

step
9
余った配線をまとめて固定

余った配線をまとめて、ヒューズボックス近くのカバー内に固定します。

付属についていた両面テープ付きのフックで、カバー内に張り付けガタが無いようにしました。

 

step
10
カバーを戻して完成!

余分な配線を固定すれば、カバーを戻せば完成です。

 

ドライブレコーダー取り付け後の様子

DIYでどれくらいスッキリドライブレコーダーを取り付けられるか?という参考になると思います。

配線は全部キレイに隠したので、車内がスッキリです。運転席からドライブレコーダー自体は、ほとんど見えませんので、運転の邪魔になりません。

(ここだけの話。面倒でカーショップに頼んだら、シガーソケットから電源取られた方もいるので驚きです。。。)

 

コードは、ドライブレコーダーから天井のパネルに引き込んでいる部分が出ているだけです。

写真で見える一番左の細いコードが、ドライブレコーダーのコードです。

 

外から見るとこんな感じになります。これで、万が一でも安心です!

 

注意!コムテックHDR-102はコードが浮いた感じになる

コムテックのこのシリーズは、写真で赤丸をつけたところが奥まで入りません。これは仕様なので問題ありません

気持ち的には奥まで差し込んで、カチッと止まる感じが欲しい所ですが。台座のフックに引っ掛けますし、これはこれで抜けることはもちろんありません。

 

ドライブレコーダー取り付けにかかった時間は?

作業に必要な時間のご紹介です。

ヒューズボックスから電源を取っても、前方のドライブレコーダーの取り付け作業は30分ほどで完了するので、とても簡単です。

Gbun
シガーソケットから電源を取るなら15分程度で作業は終了します!

久々の車いじりだったので思い出しながらの作業でした。慣れていれば30分もかかりません。

取り付け作業時間

  • シガーソケットから電源を取るなら…15分程度
  • ヒューズボックスから電源を取るなら…30分程度

自分でドライブレコーダーを取り付けるのはちょっとムリかも…?という場合は、取り付け工賃が安いお店にドライブレコーダーを持ち込んで取り付けしてもらうのが良いと思います!

ドライブレコーダー取り付け工賃|どこが安い?

ドライブレコーダー取り付け工賃|ディーラーかオートバックスどこが安い?
ドライブレコーダー取り付け工賃|ディーラーかオートバックスどこが安い?

 

インプレッサスポーツ|ドライブレコーダーの取り付け方法 まとめ

この記事では「インプレッサスポーツ|ドライブレコーダーの取り付け方法」について書きました。

ドライブレコーダーの取り付けは、それほど難しくないので自分ですることができます。

シガーソケットから電源を取れば15分程度で終わります!配線を隠したい場合は、ヒューズボックスから電源を取るのがおすすめです。

Gbun
バックミラー裏が、取り付け位置としてはおすすめです!

使用したのはコレ!

あわせて読みたい

リアにドライブレコーダー取り付け|ユピテルをインプレッサスポーツに設置
ドライブレコーダー取り付けHDR-202G
ドラレコの取り付けは自分でできる?5車種に取り付けた方法をご紹介!
ドライブレコーダー前だけ|前だけでも大丈夫?デメリットは?

-インプレッサスポーツ, ドライブレコーダー取り付け
-

© 2020 おさるのどうぐばこ