【コムテックHDR-102レビュー】日本製で安いドライブレコーダー

車をDIYでいじるのが好きなGbunです。

Gbunのアイコン画像Gbun
家族の車、5台にドライブレコーダーを付けました!

Gbunが実際に使って良かったコムテックのドライブレコーダーについてご紹介します。価格はお安いのですが、性能は良く安心の日本製です!色々と調べた結果、Gbunが選んだのはコムテックHDR-102です。

コムテックHDR-102

安心の日本製でありながら、値段が下がって安く買えるモデルです。低価格といってもドライブレコーダーとしての性能は、必要十分です!

この記事では「お買い得なドラレコ|コムテック HDR-102」について書いていきます。

なぜHDR-102を選んだかについては、ドライブレコーダーの選び方についての専用記事を参考にしてみてください。

ドライブレコーダーの選び方|大事な4つのポイント

目次

コムテック HDR-102の外観チェック!

コムテックHDR-102は、フロントガラスでもダッシュボードでも取り付けができるモデルです。

つまり上下どちらを上にしてもOK。Gbunはフロントガラスに取り付けました。写真は台座を下にして撮影しています。

【レビュー|ドライブレコーダー】コムテック HDR-102

サイドにマイクロSDカードを入れる部分と、シルバーの部分は簡単スイッチというものがあります。設定でワンプッシュで動画を再生したりできるスイッチです。

【レビュー|ドライブレコーダー】コムテック HDR-102の側面

AV OUTのジャックがあるので、別途で配線を用意すればナビやレーダーの画面に接続して大きく映し出したりも可能です。

【レビュー|ドライブレコーダー】コムテック HDR-102のAV OUTジャック

手に持つと、これくらいのサイズ感になります。

【レビュー|ドライブレコーダー】コムテック HDR-102のサイズ

操作ボタンはとてもシンプルで感覚だけで使いこなすことができます。

【レビュー|ドライブレコーダー】コムテック HDR-102のボタン

大きさは10センチほどです。画面も小さすぎないので、動画をドライブレコーダーで再生しても比較的見やすいです。

【レビュー|ドライブレコーダー】コムテック HDR-102の大きさ

マイクロSDカードはこんな感じで装着します。

8GBのマイクロSDカードが付属しています。標準の設定で約90分間の動画を撮影可能です。古い画像から上書きされるのでドライブの画像すべてを残したい場合は、容量の大きいものを別に買うのもありです。

衝撃が加わった映像は上書きされないので、いざ事故に合ってしまった…という時にも画像は残っています。

【レビュー|ドライブレコーダー】コムテック HDR-102のSDカード

付属品は必要な物が揃っています。

シガーソケットから電源を取るなら、他に追加で購入するものはありません。

【レビュー|ドライブレコーダー】コムテック HDR-102の付属品

コムテックHDR-102の後継機

Gbunが使っているコムテックHDR-102の後継機が登場しています!画質は200万画素、広い範囲を撮影できる広角レンズを搭載しています。

取り付けが簡単なドライブレコーダー

コムテック HDR-102は前方だけ録画するドライブレコーダーなので、後方まで配線を引く必要がないので取り付けは比較的簡単です。

コムテック HDR-102の電源はシガーソケットから取るようになっています。Gbunは配線をきれいにするため、ヒューズから取っています

Gbunのアイコン画像Gbun

ヒューズボックスから電源を取れば、配線がキレイに収まります。

ヒューズから電源を取るのには『エーモン 電源ソケット DC12V/24V60W以下 ヒューズ電源タイプ 1542』が便利です。

自分でドライブレコーダーを取り付けるのはちょっと…という場合には、取り付け工賃が安いお店に持ち込んで取り付けしてもらうのが良いと思います!

ドライブレコーダー取り付け工賃|どこが安い?

Gbunのアイコン画像Gbun
ドライブレコーダーの取り付けは個別記事で詳しく説明しています。

個別記事でもっと詳しく!

コムテック HDR-102の取り付け

前方だけ録画するドライブレコーダーなので、Gbunの車は後方には別途スモークに強いドライブレコーダーを設置しています。

リアにドライブレコーダー取り付け

コムテックはPCでの再生が簡単!

画面が2.7インチあるので、ドライブレコーダー画面上で動画を確認することができます。

コムテックのドライブレコーダーを取り付けた様子

さらに大きな画面で確認する場合には、マイクロSDカードをドライブレコーダーから外して、PCにセットするだけで簡単に動画の再生ができます。また再生だけでなく、動画をPCに保存するのも簡単に行えます。

Gbunのアイコン画像Gbun
動画をパソコンで見るのがとても簡単です。

PCで動画を確認する方法

STEP
マイクロSDカードをPCへセット

マイクロSDカードをSDカードサイズにするアタッチメントに装着して、PCへセットします。

Gbunのアイコン画像Gbun

このアタッチメントも付属しています。

【レビュー|ドライブレコーダー】コムテック HDR-102のmicroSDカード
STEP
自動で再生するための動画ソフトが立ち上がる

SDカードを入れると、自動で再生するための機能が立ち上がります。

PCに変更を与えても良いかと聞かれる場合もありますので、『はい』を選択すればOKです。

STEP
HDRviewerを開く
【レビュー|ドライブレコーダー】コムテック HDR-102の動画再生

HDRviewerをダブルクリックして開きます。

ソフトを開くとすぐに撮影されている動画を見ることができます。

【レビュー|ドライブレコーダー】コムテック HDR-102の録画再生

衝撃があった映像は別ファイルに保存

レコーダーが撮影した映像は大体1分程度の小分けで保存されています。

容量がいっぱいになると、古い画像から上書きされるのですが、その中で衝撃が加わった映像は上書きされることなく保存されています。

Gbunのアイコン画像Gbun
衝撃があった時の動画は、上書きされずに保存されます。

ドライブレコーダーのイベント録画については、別記事で詳しく説明しているので参考にしてください。

この画面では、11月4日の9時23分~24分の間に衝撃の加わった映像があります。

【レビュー|ドライブレコーダー】コムテック HDR-102のイベント録画

コムテック HDR-102のスペック

画素数が100万画素。

今時にしては画素数が低い感じがしますが、実際に使用する分には十分な表現力です。

Gbunのアイコン画像Gbun
100万画素でも、しっかり記録できていますよ。

万が一の場合に『誰がどうだったか?』という証明はしっかりできます。

カメラ 撮像素子 1/3型 CMOSセンサー
総画素数 120万画素
有効画素数 最大100万画素
レンズ画角 水平104° 垂直74°(対角143°)
F値 F2.0
レンズ材質 ガラス
最低照度 2LUX
液晶サイズ 2.7インチフルカラーTFT液晶
液晶解像度 320×240
本体サイズ 80(W)×50(H)×27.9(D)/mm
取付ステー装着時:80(W)×73.3(H)×27.9(D)/mm
重量 104g(取付ステー含む)

日本製で安い!ドライブレコーダーHDR-102 まとめ

この記事では「日本製で安心!お買い得なドラレコ|コムテック HDR-102」について書きました。

コムテックの2.7インチ画面のドライブレコーダーは、動画を確認するのにも便利です。安心の日本製ですし、前年モデルを選べば、安く買えるのでコストパフォーマンスにも優れています。

ドライブレコーダーを付けてみると、意外と運転している間に危険なことが多いことに気が付きます。自分の気持ちを引き締めるのにも役立っています。

コムテックHDR-102の後継機

Gbunが使っているコムテックHDR-102の後継機が登場しています!画質は200万画素、広い範囲を撮影できる広角レンズを搭載しています。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる