車外と車内を録画できるドライブレコーダー|VANTRUE N2 Pro

ドライブレコーダー取り付け

車外と車内を同時に録画記録できるドライブレコーダー

ドライブレコーダーを4車種に取り付けたGbunです。

Gbun
もうすぐ、もう1車種増えます!
イッチー
ドラレコの取り付け好きやなぁ~Gbunは。

毎日のように無謀運転のニュースが、後を絶たないことに憤りを感じています。

事故に備えてというよりも、「危険運転に巻き込まれた時の証拠として」ドライブレコーダーを取り付けておかないと!という状況です。事故にあうよりも、変な人に絡まれる方がずっと確率が高いんじゃないかと思っています。

Gbun
あおり運転増えてませんか…?

今世間を騒がせている、あおり運転は車内で暴行を受けた映像がドライブレコーダーに記録されています。前方と後方だけでなく、車内映像の記録まで必要になってきたんですね。

この記事では、車内の録画もできる高性能なドライブレコーダーをご紹介します。

車外と車内を録画できるVANTRUE N2 Proのメリット

車外と車内の映像を1台で記録するならダントツでドライブレコーダー VANTRUE N2 Proがおすすめです。

VANTRUE N2 Proのメリット

Gbun
VANTRUE N2 Proのメリットは、3つあります。

VANTRUE N2 Proのおすすめポイント

  1. 1台で前方と車内が撮影できる
  2. 高画質
  3. 夜間撮影にも強い

 

Gbun
VANTRUE N2 Proのメリットをご紹介します!

1台で前方と車内が撮影できる

VANTRUE N2 Proの最大の特徴で、最大のメリットでもあるのが、車外と車内を同時に1台のドライブレコーダーで記録できるということです。

スタンダードな取り付け位置はフロントガラスです。フロントガラスに取り付けたVANTRUE N2 Proは、前方の路上とともに車内の向いたカメラで車内とリアの状況も撮影します。

Gbun
この機能のおかげで、常磐道あおり事件では、暴力を振るわれた映像が撮影できていました。

VANTRUE N2 Proは1台で車内も撮影

 

ポイント

2つのカメラで、前方と車内側を同時に撮影できる。

 

 

高画質で広角が広い

撮影範囲が広い

VANTRUE N2 Proは2つカメラが付いていて、メインカメラは170°、サブカメラも140°と広角レンズが使われています。

前方はもちろん、車内側の映像も広角レンズのおかげで死角が少ない映像が撮影できます。

高画質で撮影

録画画像は前方と車内側を同時に撮影するモードで、1080ピクセルで記録できます。1080ピクセルは約200万画素なので、国内メーカーのドライブレコーダーにも劣らない高画質です。

さらに前方のみの撮影モードも選べ、前方のみの撮影だと最大で400万画素の撮影も可能です。

ポイント

2つのカメラ共に広角レンズで、撮影範囲がとても広い

2つのカメラ共に約200万画素の高画質で録画! 

 

暗視機能搭載で夜間撮影にも強い

VANTRUE N2 Proは、夜間の撮影にも強いというメリットがあります。車外はヘッドライトの明かりや街頭の光があるので、夜間撮影が強いドライブレコーダーならキレイな映像が記録できます。

関連
【レビュー】後ろにおすすめのドライブレコーダー|スモークガラスでもOK
【レビュー|ユピテル SN-SV40c】後ろにおすすめのドライブレコーダー スモークガラスでもOK

続きを見る

VANTRUE N2 Proは、暗い車内に赤外線LEDライトを設置してあるので、夜間でも車内の様子が録画できます

VANTRUE N2 Proは夜間撮影に強い

 

車外と車内を録画できるVANTRUE N2 Proのデメリット

VANTRUE N2 Proのデメリットと言える点は2つあります。

VANTRUE N2 Proのデメリット

  1. リアの撮影は期待できない
  2. 別売りのマウントを購入した方が良い

リアの撮影はおまけ

VANTRUE N2 Proは車内に向けたカメラで、車内と後方の映像を記録することができます。前方に取り付けただけで、リアの状況も記録できるように感じますが、実際はリアに取り付けたドライブレコーダーのようには撮影することができません。

車内がメインで撮影されるので、リアの状況は小さく撮影される程度です。リアの状況をしっかり記録するためには、リアにドライブレコーダーを取り付けが必要です。

フロントガラスに取り付けたVANTRUE N2 Proでは、リアの撮影ははあまり期待しない方が良いです。

Gbun
リアの状況もしっかり撮影したいなら、後方のドライブレコーダーが必要です。

別売りのマウントを購入した方が良い

VANTRUE N2 Proの最大のデメリットと言えるのが、マウント部分の吸着の弱さです。ドライブレコーダーをフロントガラスに吸着素材で引っ付けているのですが、猛暑などで外れやすいです。

上手く取り付けできない場合、別売りの粘着テープで固定するマウント【改良型】VANTRUE N2 N2Pro T2 R3 両面テープマウントの仕様がおすすめです。

Gbun
標準で付属されていないのが、VANTRUE N2 Proの残念なところです。

上記2点が少し残念なポイントです。ですが、ドライブレコーダーとしての機能面を考えるとコストパフォーマンスが高いVANTRUE N2 Proが、めちゃくちゃ売れているのも納得です!

 

車外と車内を録画できるドライブレコーダー|VANTRUE N2 Pro まとめ

この記事では「車外と車内を録画できるドライブレコーダー|VANTRUE N2 Pro」について書きました。

ドライブレコーダーは前方と後方を録画していれば十分と考えていましたが、常磐道のあおり運転事件では、車内で暴力を振るわれている証拠としてVANTRUE N2 Proの車内映像が役立っていました。

VANTRUE N2 Proは前方と車内を高画質で、夜間も暗視モードで記録します。コストパフォーマンスも良くかなり売れているモデルで、車内の映像も残したい場合には、おすすめのドライブレコーダーです。

関連
ドライブレコーダーの選び方|6個購入して不具合なし!大事な4つのポイント

続きを見る

関連
おすすめドライブレコーダー3選|メリットとデメリットも知っておこう!

続きを見る

こちらの記事も読まれています

  • この記事を書いた人
Gbun

Gbun

なんでも自分で試行錯誤するのが好きです。車も家でもDIYします。 筋トレが趣味。動物看護師の資格も持つ愛犬家です。

-ドライブレコーダー取り付け

Copyright© GbunでDIY , 2019 All Rights Reserved.