【驚き!安いのに高音質!】Creative T15のBluetoothスピーカー

在宅ワークが増えたGbunです。

Gbunのアイコン画像Gbun
Stay Homeということでパソコン周りのアイテムを強化しています。

今回は、PC用のスピーカーとして、Creative Bluetooth対応 2ch ワイヤレススピーカー T15を導入したお話です。

結論から言えば、6千円以下のスピーカーなのに大満足の音質です。

Creative Bluetooth スピーカー T15は、有線とBluetoothの2通りのつなぎ方ができるので、デスクトップパソコンとノートパソコンの2台を接続したり、iPadをつないだりして動画や音楽を楽しんでいます。

Gbunのアイコン画像Gbun
Bluetoothの規格は2.1と古いですが、音飛びや雑音もなく快適に無線で使用できています。

PC環境は、こんな感じです。

Gbunのパソコン環境は、DELLのXPS 8390タワーデスクトップにLG 29インチ ウルトラワイドモニターを繋げて使っています。

さらにレノボのThink Pad X1をサブモニターとして、デスクトップと並べて利用しています。

デスクトップとノートパソコンを並べる

LG 29インチ ウルトラワイドモニターにはスピーカーが付属しているのですが、音は残念な品質です…。

PCの警告音程度ならモニターのスピーカーで十分ですが、音楽を聴いたり動画を見るには不向きです。

Gbunのアイコン画像Gbun
そこで、PC用にスピーカーを導入することにしました。

ちなみにGbunは、リビングではBoseでホームシアターを組んでますし、車はDIYでスピーカーを乗せ返したりしていて、音質には少しうるさいタイプです。

選んだPC用のスピーカーはCreative Bluetooth対応 2ch ワイヤレススピーカー T15です。

Creative Bluetooth ワイヤレススピーカー T15

この記事では「安いのに音が良い!Creative T15のBluetoothスピーカー」について書いていきます。

目次

Creative T15とCreative T10どっちにする?

スピーカーの種類なんてメチャクチャあってどうしよう?と思っていた時に、GetNavi 2020年4月号に『Creative T10 R3 スピーカーが値段以上の音質でコスパ最高!』と書いてあるのを見つけました。

Gbunのアイコン画像Gbun
スピーカー選びは意外と当たりはずれがあります。

最初はCreative T10 R3 スピーカーを購入しようかと思っていました。

しかし!どうせなら並べて使っているもう一台のPCで音楽を聴いたり、iPadでYouTubeを見たりできたらいいなと考え直し、Creative Bluetooth スピーカー T15に決めました。

creative T15とcreative T10の違い

最大の違いは接続できる機器数

Creative T10 R3 スピーカーだと有線で接続した機器1つだけの音を出すことになります。Creative Bluetooth スピーカー T15だとメインを優先で繋ぎ、サブをBluetoothで接続すれば色んな機器で音を楽しむことができます。

ポイント
  • Creative T10 R3 スピーカー:有線/接続1台
  • Creative T15 Bluetooth スピーカー:有線+Bluetooth/接続機器2台
Gbunのアイコン画像Gbun
Bluetoothが付いていれば、ノートPCやiPhoneでも音楽を流せるので便利です。

1台は有線でBluetoothは好きな機器を選んで接続

デスクトップパソコンは有線で常に接続していて、Bluetoothではその都度接続機器を変えて使っています。

接続のバラエティ
  • デスクトップ(有線)+ノートPC(Bluetooth)
  • デスクトップ(有線)+ iPhone(Bluetooth)
  • デスクトップ(有線)+ iPad(Bluetooth)

パソコンで作業しながら、iPadで動画を流したり音楽をかけたりして使っています。

T15をiPadに繋いで動画を見る

Creative T15の外観

しっかりとした箱に入って送られてきました。

T15の外箱

Creative T15 Bluetooth スピーカーの同封物は、スピーカー本体と電源コードです。

T15の同封物

いろんな国で販売されているようで、電源コードはプチ組み立て式になっています。

Gbunのアイコン画像Gbun
スライドさせて完成です。
電源コード

Creative T15 Bluetooth スピーカーの本体は、6千円以下なのにしっかりとした作りです。

高音のツイーターと中低音のウーハーと別体になっていて、低音がしっかり出るように天板にホールがあります。

フロントの左のつまみで好みの音質に調整でき、右のつまみで電源オンと音量の調節ができます。

T15の本体

T15の注意したいポイント

Creative T15 Bluetooth スピーカーを使い始めて、気を付けた方がいいなと思う点が2つあります。

注意ポイント
  • 2デバイスで使用するなら接続コードを別途購入する
  • 各種ジャックは背面にある 

オーディオケーブルは付属してない!2デバイスで使うなら準備

Creative T15 Bluetooth スピーカーには、オーディオケーブルが付属していません

デスクトップパソコンとiPhoneのように、2つのデバイスを使うなら別途オーディオケーブルを用意する必要があります

有線でつなぎたい機器とスピーカーの距離に合わせて、好みの長さのオーディオケーブルを用意すればOKです。

Gbunのアイコン画像Gbun
Gbunは高耐久のオーディオケーブルにしました。
オーディオケーブルを用意

しっかりしたケーブルですが、フレキシブルなので取り回しがしやすいです。

高耐久オーディオケーブル

3.5mmオ-ディオジャックの2メートルのケーブルです。

イヤホンジャックは背面なので使いづらいかも?

Creative T15 Bluetooth スピーカーは、イヤホン用を含めてジャック類は背面にあります。Creative T10 R3 スピーカーは側面にあったので、イヤホンを頻繁に使う場合は使いづらいかもしれません。Bluetoothでヘッドホンとパソコンを接続するなど、有線でイヤホンをつながないなら気になることはありません。

ジャックの説明
  1. イヤホン用
  2. オーディオケーブル
  3. 左スピーカーとの接続用
  4. 電源コード
イヤホンジャックは背面

Bluetoothは真ん中の青いボタンを押すだけで、簡単に接続できます。

T15 Bluetoothスピーカーはコスパ良い

Creative T15のBluetoothスピーカー まとめ

この記事では「コスパ最高!Creative T15の導入でパソコン周りが充実したこと」について書きました。

Creative T15 Bluetooth スピーカーは、有線とBluetoothで2つの機器を接続することができると、Gbunのようにパソコン2台を使っている場合に便利ですし、iPhoneやiPadとの接続もBluetoothがあれば簡単にできます。

Gbunのアイコン画像Gbun
音質も6千円以下のスピーカーとしては高品質です

音質の好みは人それぞれですが、Creative T15 Bluetooth スピーカーは音を調整することができるので、自分の聞きやすい音を探せると思います。

そう考えると、値段を考えてみても買って良かったと思えるPCスピーカーです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる