遺伝子タイプがダイエットのカギ!日本人の20%は脂肪を燃やせないって知ってた?

同じトレーニングや生活をしていても、筋肉がつきやすい人・痩せやすい人・変化があまりない人がいます。じつは持っている遺伝子によって目指す体形やダイエットの方法が違ってきます。

たくさん食べても全然太らない人、逆にあまり食べてないのにポッチャリな体形の人もいますね。

Gbunのアイコン画像Gbun
この同じことをしているのに生まれるってなんでしょう?

今回は『体質を決める遺伝子』という点をピックアップして話をします。

目次

どうして痩せないの?燃費の良い体と悪い体

太りやすいってなに?

日常生活を通して、こんなことを感じたことがあるんじゃないでしょうか。

[st-cmemo fontawesome=”fa-user” iconcolor=”#F06292″ bgcolor=”#FCE4EC” color=”#000000″ iconsize=”200″]「どうしてあの人は痩せるのに、自分は痩せないのだろう??」

「どうしてあの人は汗をあんなにかくのだろう?」

「代謝がいいのかな?」[/st-cmemo]

 

Gbunはボクシングの選手時代にも感じていました。また、2つのスポーツジムで指導した経験からいうと、その感覚は正しいのです。

Gbunのアイコン画像Gbun
ボクシングジムに来ている人にも、効果の個人差がありました。

燃費の良い体は太りやすい

燃費の良い体は太りやすい

人の体は『燃費が良い体』と『燃費が悪い体』に分けることができます。

車だと燃費が良いことに越したことありませんが、人の体が燃費が良いと太りやすい原因となります。

燃費の良い体とはどんなものかというと、脂肪を蓄えてしまうタイプです。

Gbunのアイコン画像Gbun
燃費の良い体は、脂肪を蓄えやすいです。

そんなに食べる量も多くないのに??と、燃費の良い体の人は感じることもあります。

[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#64b5bc” bordercolor=”#64b5bc” bgcolor=”#E8F5E9″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

燃費の良い体=太りやすい

 

燃費の悪い体は何もしなくても痩せる

痩せやすい体

逆に何もしなくても痩せていく燃費の悪いタイプの体もあります。

胃下垂とか消化器系に問題があるのではないけれど、食べても太りにくいタイプです。

Gbunのアイコン画像Gbun
食べてるけど太りにくい体質です。

じっさいにGbunもDNA SLIMを使って遺伝子検査をしました!

UCP(たんぱく質の一種)があると、脂肪を熱に変えて燃やせる。