【DNS クレアチン】ベンチが14Kg増えた!筋トレするなら飲みたいサプリ

元ボクサーで、ウエイトトレーニングを楽しんでいるGbunです。

Gbunのアイコン画像Gbun
現役の頃より12キロもデカくなりました!

筋トレの効果を感じるのは、体に筋肉が付いてきて見た目にも変化が現れた時だと思います。

トレーニングで『あともう少し追い込む』ことができれば、筋肥大が今以上に促進されて体の変化もスピードアップします。そんな、筋トレなどの短時間で高強度の運動のパフォーマンスを上げる効果があるサプリメントが、クレアチンです。

Gbunのアイコン画像Gbun
クレアチンを使えば、今以上にトレーニングで追い込めます!

ウエイトトレーニングで、ベンチプレスやデッドリフトなどをしている時「あと1回挙げるぞ!」「もう少し重量を重くするぞ!」という時に効果を発揮するのがクレアチンです。

毎日少しずつ摂取することで、筋トレ時にパワーアップができます。

この記事ではDNS クレアチンについてレビューします。

オプティマム、バルクスポーツ、マイプロテインなど色々なメーカーのクレアチンを飲みましたが、DNS クレアチンはクセがなく飲みやすいので続けやすいです。

DNS クレアチン

 

この記事では「【DNS クレアチンレビュー】筋肥大したいならクレアチンを使ってみよう」について書いていきます。

DNS クレアチンに求めること

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”” bgcolor=”#E8F5E9″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=””]

  • 筋トレ時のパワーアップ
  • 筋肥大
  • 飲みやすさ

Gbunのアイコン画像Gbun
クレアチンは、筋トレを頑張っているなら効果を感じられるサプリメントです。

 

目次

DNS クレアチンの特徴

クレアチンは、一瞬の爆発力を高めてくれるサプリメントです。

クレアチンは筋肉の中にある物質ですが、筋トレをすると筋肉内のクレアチンは使われてしまって不足状態になります。

Gbunのアイコン画像Gbun
筋肉内のクレアチンが不足すると、パワーが出ない状態になります。

クレアチンはアミノ酸の一種なので食事でも取ることができますが、トレーニングしている人が必要な量を食事だけで満たすのは難しいです。

そこでクレアチンのサプリメントを取ることで、あらかじめ体内のクレアチン濃度を高めておくことができ、筋トレ中のクレアチン不足によるパワーダウンを防げます。

Gbunのアイコン画像Gbun
クレアチンが十分あれば、いつも以上のパワーが出ます!
DNS クレアチンの特徴

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”” bgcolor=”#E8F5E9″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=””]

  • 味がほとんどなく飲みやすい
  • 高品質のクレアチン
  • 1回約50円と続けやすい価格

DNS クレアチン

Gbunのアイコン画像Gbun
日本製の高品質クレアチンでありながらコスパも良いです。

 

DNS クレアチンには、専用のスプーンが付属してあります。

使いやすいスプーンで1回の量が簡単に測れます。

DNS クレアチン付属のスプーン

 

DNS クレアチンは1回あたり付属のスプーン1杯です。

1回でクレアチンを4.99g摂取することができます。

DNS クレアチンの成分

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”” fontweight=”” bgcolor=”#64b5bc” color=”#fff” margin=”0 0 20px 0″]1食分の成分詳細

エネルギー 18kcal
たんぱく質 4.4g
食塩相当量 0.001g
クレアチン・モノハイドレート 4.99g

 

DNS クレアチンの効果

DNS クレアチンは、今トレーニングしていて伸び悩んでいる場合には、めちゃくちゃ効果を感じられると思います。

逆に筋トレを始めたばかりだったり、やっている筋トレの内容が軽めの場合には効果が感じられないかもしれません。

毎日コツコツとDNS クレアチンを飲むことで、クレアチンを筋肉に蓄えて、爆発的なパワーや瞬発力を出すことができます。

筋トレを始めたばかりだと、伸びしろがまだまだある状態なのでクレアチンの効果なのか、運動に慣れて筋肉が付いてきたからなのか分りづらいと思います。

やっているトレーニングが軽めの場合は、筋肉内のクレアチンの使用量がそもそも少ないので、クレアチンを飲んで筋肉内に蓄えても出番がないので変化が感じられにくいです。

毎回の筋トレを限界まで追い込んで、「あと、もう1回バーベルを挙げたい」「もう少し重量を挙げてトレーニングしたい」と思いながらトレーニングしている場合なら、DNS クレアチンを飲むことで、確実に変化を感じられると思います。

Gbunのアイコン画像Gbun
クレアチンを飲み始めて、ベンチプレス・デッドリフト・スクワットの重量とレップ数が増えました!

[st-midasibox title=”Gbunの経験談” fontawesome=”” bordercolor=”” color=”” bgcolor=”” borderwidth=”” borderradius=”” titleweight=”bold”]

Gbunがクレアチンを取り入れたのは、本格的に筋トレをし始めてから1年ほど経ってからです。それまではトレーニングとプロテインだけで体が大きくなりました。そこから、扱える重量が増えなくなってきて、DNS クレアチンを飲み始めました。

クレアチンを飲むようになってから、筋トレで扱える重量が増えたので5kg体重が増えました。クレアチンなしでトレーニングと筋トレで7kg増えていたので、さらにそこから体がデカくなりました。

[/st-midasibox]

 

DNS クレアチンの味

DNS クレアチンは、ほぼ味がしません

Gbunのアイコン画像Gbun
味覚に敏感なら何かしらの味がするかもしれませんが、Gbunは何も感じません。

味がないので、ジュースやプロテインなどに混ぜても気になりません。

DNS クレアチンの味

 

DNS クレアチンの飲み方とタイミング

DNS クレアチンの飲み方は、付属のスプーン1杯を1回量で取ります。

DNS クレアチンの1回量

 

プロテインシェーカーに入れるとこんな感じです。

DNS クレアチンの飲み方

 

DNS クレアチンを水に溶かしてみます。

DNS クレアチンを水に溶かす

 

DNS クレアチンを水に溶かすと、すぐに溶けて混ざります。

 

クレアチンの飲み方:ローディング

クレアチンの飲み方

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”” bgcolor=”#E8F5E9″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=””]

  • ローディング:4回/1日…(最初の5日日間だけ)
  • ローディング終了後:1回/1日