じぶビジネ!

車や住まいについてのDIY情報・筋トレ・好きなガジェット等について情報発信する雑記ブログです

ドライブレコーダー

【コムテック HDR-202G】三菱eKワゴンにドライブレコーダーを取り付ける!

更新日:

ども、Gbunです('ω')ノ

今回は、古い三菱のeKワゴンにドライブレコーダー取り付けた話です。

三菱eKワゴンのドライブレコーダーを選ぶ

コムテックHDR-202Gのスペックなど詳しくはこちらの記事です。

【コムテック HDR-202G】GPS機能搭載”日本製”ドライブレコーダー!

CHECK
【レビュー|コムテック HDR-202G】GPS機能搭載”日本製”ドライブレコーダー!

続きを見る

【コムテック HDR-202G】三菱eKワゴンにドライブレコーダーを取り付ける!

とても古いeKワゴン。弟が中古で買った物を、現在は母親が気軽な足として利用しています。

形を見るに10年くらい前の型?

親も歳を取ってきているので色々と心配。

運転の粗い人に、古いeKワゴンだからと舐めらる可能性もある。

ドライブレコーダーは一般的な交通事故だけでなく、当たり屋や言いがかりを付けられた時にも証拠として出せる!お守りみたいなもの。

今回は電源をシガーソケットから取ることにしました。

理由は取り付けるeKワゴンには、電源取り出しのためのヒューズがなかったから。室内に電源を取るには別途カプラを買う必要があり、値段を調べると4,000円近くしたからです。

ヒューズからの取り出しならもっと安価なんですが…。というわけで使っていないしシガーソケットからで我慢してもらうことにしました。

もちろん、できるだけ配線は出ないように工夫します。

 

付属品

付属品はこんな感じ。

シガーソケットから電源を取る場合は、他に何も追加で購入する必要はありません。

 

 

ドライブレコーダー(コムテックHDR-202G)の位置決め

まず最初に行うのは、ドライブレコーダーをどこへ取り付けるかを決めること。

今回もフロントガラスに取り付けることにしました。パトカーでも採用されている位置ですしね。

 

角度を六角で調整します。

 

 

フロントガラスへ取り付ける

こんな感じでフロントガラスに取り付けます。

取り付けは付属の両面テープがあるので、それを用います。

張り付ける前に、付属の脱脂用のふき取りペーパーでフロントガラスをしっかり拭きます。

位置は、運転席からはバックミラーで死角になる位置です。

ちなみに助手席からは良く見えるため、画面の確認や設定もしやすいです。

 

ドライブレコーダーから出ている配線の処理

ドライブレコーダーからの配線を、天井のカバー内に這わせてピラーの中に押し込みます。

 

ピラーの下からはゴムのパッキン内に押し込みました。

 

ゴムパッキンを内を這わせ、グローブボックスの下(助手席の足元)まで来たら、グローブボックスの裏を這わせました。

 

 

シガーソケットから電源を取る

電源コードの余りは束ねて、グローブボックスの裏に両面テープ付きのフックで処理しています。

実際に社内でコードが出ているのは、この部分だけ。

シガーソケットから電源を取りましたが、配線は割とすっきりと隠せました。

20分弱で全ての作業終了。

シガーソケットから電源を取る方法は、とても簡単なので初心者でもすぐにできます!

 

【コムテックHDR-202G】三菱eKワゴンにドライブレコーダー設置

運転関からの見え方

バックミラーの裏に隠れて、運転の邪魔になりません。

 

車外からの見え方

社外からはドライブレコーダー(カメラ)が付いているというのが一目でわかります。

カメラが付いているということで、色んな抑止力が働くことに期待!(笑)

シガーソケットから電源を取るなら、作業時間は30分程度でとても簡単です!

 

ドライブレコーダーを付けたら、ぜひステッカーも貼り付けてくださいね!後ろの車に"あおられる"のが無くなります。

要チェック
ドラレコステッカー
【ドライブレコーダー シール】効果あり!あおり運転が減りました!

続きを見る

【コムテック HDR-202G】GPS機能搭載”日本製”ドライブレコーダー!

関連
【レビュー|コムテック HDR-202G】GPS機能搭載”日本製”ドライブレコーダー!

続きを見る

こちらの記事も読まれています

  • この記事を書いた人
Gbun

Gbun

なんでも自分でするのが好きです。車も家もDIYします。 筋トレが趣味。動物看護師の資格も持つ愛犬家です。

-ドライブレコーダー
-,

Copyright© じぶビジネ! , 2019 All Rights Reserved.