DIYで洗面台の交換できた!洗面台の撤去と取り付け方法

DIYでの洗面台の交換方法

DIYが好きなGbunです。実家の洗面所が古くなっていたので、リフォームをDIYでやりました!

Gbun
洗面所のリフォームにDIYで挑戦しました。

洗面台をDIYで交換したことで、業者に依頼するよりも10万円ほど安く済みました

DIYで洗面所をリフォームして分かったのが、10年ほど前に業者に頼んで設置してもらっていた洗面台から、いつの間にか水漏れしていたことです。その水漏れのせいで、洗面所全体が湿気でカビが生えたり汚くなってしまっていました。

Gbun
配管が届かないトラブルもありましたが、無事に交換できました!

この記事では「洗面台の交換はDIYでできる!洗面台の撤去と取り付け方法」について書いていきます。

目次

DIYでリフォームした洗面台|ビフォーアフター

DIYで交換した洗面台のビフォーアフターの様子をご紹介します。

洗面台交換ビフォー

交換前はパナソニック製の洗面台が付いていました。

Gbun
水漏れがあったのでカビや黒ずみの汚れがひどいです。
交換前の洗面台

梅雨時期だということもあり、洗面台の下の方は湿気でカビっぽくなっていました。

交換前の洗面台はカビと汚れ
Gbun
水漏れのせいで、経年劣化以上に状態がひどかったです。

洗面台交換アフター

after|洗面台交換

新しく取り付けた洗面台は、TOTOの洗面台です。

¥45,919 (2021/07/28 02:01時点 | 楽天市場調べ)

洗面台の交換と同時に、クッションフロアと壁紙の張替えをしました。床のクッションフロアも壁紙もカビが生えていたので、洗面台交換に併せて新しくしました。

Gbun
古くなっている場合は、クッションフロアや壁紙も同時交換がおすすめです。

クッションフロアの張替えと壁紙交換については、詳しく専用記事に書いていますので参考にしてみてください。

洗面台をDIYで交換する3ステップ

DIYで洗面台交換する手順は3ステップです。

Gbun
洗面台交換だけなら、2~3時間ほどで終わります。

洗面台交換の3ステップ

クッションフロアを張替えや、壁紙張替えをする場合は、新しい洗面台設置前にします。洗面所はお風呂につながる場所なので、施工を最短でするという気配りが必要になります。Gbunの場合は、洗面台の交換に合わせてクッションフロアや壁紙も新しくしたので作業に2日かかりました。

Gbun
1日だけお風呂は我慢してもらいました。

洗面台交換に必要な物を準備しよう

洗面台交換で必要な物を準備することから始めます。新しい洗面台はもちろん、道具やパーツなどを事前に揃えておきます。

Gbun
必要な物が足りないと作業がスムーズにできません。

洗面台のリフォームに必要だったもの

洗面台は大きくて運ぶのが大変なので、ネットで注文して取り付ける日に配達してもらえるようにしました。そして、ホームセンターより割安だったこともネットで購入した理由です。

Gbun
送料込みでも安かったです!
注文した洗面台

準備したもの一覧

¥45,919 (2021/07/28 02:01時点 | 楽天市場調べ)
トラスコ中山(TRUSCO)
¥1,940 (2021/07/28 02:01時点 | Amazon調べ)
イーバリュー(E-Value)
¥685 (2021/07/28 02:01時点 | Amazon調べ)
シンコー
¥3,485 (2021/07/27 23:10時点 | Amazon調べ)
カクダイ(KAKUDAI)
¥151 (2021/07/28 02:01時点 | Amazon調べ)
SANEI(旧社名:三栄水栓製作所)
¥1,850 (2021/07/28 02:01時点 | Amazon調べ)

配管が届かなくて必要になったもの

Gbun
作業を進めていくうちに、追加で必要になったものもあります。

止水栓まで配管が届かないというトラブルが発生して、後から必要になったものがあります。

追加で必要になったもの
  1. ザルボ(止水栓まで届かなかったので)
  2. 六角スパナ
カクダイ(KAKUDAI)
¥251 (2021/07/28 21:08時点 | Amazon調べ)
カクダイ(KAKUDAI)
¥1,027 (2021/07/28 21:08時点 | Amazon調べ)

洗面台を取り外す方法

洗面台の撤去は、大きなもので重量もあるので2人で実施します。

洗面台の上部を取り外す

洗面台は、上側のミラーの部分と下の流しの部分に分かれます。上側はネジで壁に固定されているので、倒れてこないように抑えながらすべてのネジを外します。

Gbun
ネジが全部外れると、上部が持ち上げられます。
洗面台の壁のネジを緩める

ネジが外れても、ミラー裏の配線が電源とつながっているので注意!

洗面台の上部を外すと、適当に設置されたコンセントがありました。洗面台はこのコンセントから電源を取っていました。

Gbun
壁に空いている穴は、壁紙張替え時にすべてパテで埋めました。
洗面台の上部を外したところ

洗面台の流し部分を取り外す

洗面台の下の部分を運び出す前に、水漏れで溜まった水を捨てます。水漏れはシャワーヘッドの根元のパーツから起きてました。

洗面台の水を抜く

ドレンから水が抜ければ、洗面台の配管類を3つ外します。

洗面台の配管類
  1. 水の配管
  2. お湯の配管
  3. 排水の配管
Gbun
止水栓を交換する場合は、元栓で水とお湯の給水を止めます。

この時点では、止水栓を交換するつもりはなかったのですが、新しく洗面台を設置する時に止水栓の交換が必要になり交換しました。詳しくは後に記載しています。

洗面台の配管類を外す

配管が外れれば、持ち上げると洗面台を動かすことができます。

撤去して洗面台の裏側を見ると、水漏れで裏板の合板が腐ってしまっていました。洗面所がジメジメするわけです。

洗面台の下の部分を撤去すると水漏れしていた

洗面台を撤去した後です。壁紙の張替えとカビの処理、クッションフロアを張り替えをしました。

水漏れの洗面台があったところの壁紙

洗面台の取り付け方法

インターネットで購入しておいた洗面台を、設置の前日に到着するようにお願いしていました。新しい洗面台はTOTOです。

Gbun
大きなもので邪魔になるので、日時指定でお願いしています。
インターネットで洗面台を買った

洗面台は上と下で2つ口で到着しました。洗面所に設置するため梱包を取り除きます。

注文していた洗面台
¥45,919 (2021/07/28 02:01時点 | 楽天市場調べ)

洗面台の流し台を設置する

壁紙の張替えとクッションフロアの張替えが終わった洗面所に、新しい洗面台を運び入れます。

Gbun
この時点では、配管の位置などを確認するための仮置きです。
洗面所に洗面台を運ぶ

新しく運び入れた洗面台のパーツをセットしていきます。

洗面台をDIYで入れ替える

新しい洗面台は、配管を通すための穴が開いていません

配管の位置を確認して、ホールソーと電動ドリルで洗面台の板に穴を開けます

カバーが付属しているので、穴は多少いびつになってもかまいません。

穴をあける場所は3つ
  1. 水の配管部分
  2. お湯の配管部分
  3. 排水の配管を通す部分
Gbun
止水栓を交換する場合は、もっと小さな穴で大丈夫です。
配管の位置を確認して洗面台に穴をあける
イーバリュー(E-Value)
¥685 (2021/07/28 02:01時点 | Amazon調べ)
シンコー
¥3,485 (2021/07/27 23:10時点 | Amazon調べ)

止水栓に洗面台シャワーの水とお湯の配管をつなぎます。ザルボで延長したので配管が届きました!

Gbun
配管をつなぐときは、シールテープを巻いてくださいね。
止水栓にシャワーをつなぐ

排水の配管もセットします。

洗面台の排水配管をセット

洗面台の配管が取り付けできたら、付属品を設置します。シャワーのジャバラホースにストッパーを付け、水漏れトレイを置いて、下の化粧板をビスで止めます。

洗面台の配管をDIYで設置

化粧パネルを設置する

古い洗面台は、上部のミラーの部分と下の流しの部分の2つのパーツでできていました。新しい洗面台は、上部のミラーの部分と下の流しの部分をつなぐ化粧パネルが別になっているタイプ。流しの部分の配管が完了したらもう動かすことはないので、化粧パネルを壁にビスで取り付けます。

洗面台の上下をつなぐ化粧板

洗面台上部を壁に固定する

洗面台の上側のミラー取り付けは、3人で作業するのがおすすめです。2人が洗面台のミラーを左右分かれて持ち上げて、1人がコンセントに繋いでから位置を確認しつつ壁にビスで固定します。壁へのビスの固定は電動ドリルでした方が早く確実に締まります。

Gbun
電動ドリルがあるととても便利です。
洗面台の上側(ミラー)を取り付ける
シンコー
¥3,485 (2021/07/27 23:10時点 | Amazon調べ)

付属のLEDライトをセットすれば、洗面台交換が完了です!

DIYで洗面台交換完成

洗面台設置後に水はねによるカビを防止するため、洗面台と壁の隙間をなくしたり、洗面台横の壁紙を防水にしたり工夫しました。

止水栓をDIYで交換する方法

当初、止水栓は交換せずに洗面台を交換しようと思っていたのですが、ザルボを取り付けるので止水栓も新品に交換することにしました。

結果として交換しましたが、止水栓は水漏れの可能性もあるので、最初から洗面台交換時に取り換えると考えておいた方が安心だと思います。

Gbun
水漏れを考えると、止水栓も好感しておいた方が安心です。
止水栓交換のために新品を購入
SANEI(旧社名:三栄水栓製作所)
¥1,850 (2021/07/28 02:01時点 | Amazon調べ)
Gbun
止水栓を新しいものへ交換します。

まずは、家に引き込んでいる水とお湯の給水の元栓を止めます。それから止水栓をモンキーレンチを使って取り外します。

ここで新たな問題発生がします。給水の元栓を止めたのに、止水栓を取ると水の出口から大量にお湯が出てきました。実家はエコ給湯を利用していたので、沸かしているお湯がタンクから逆流して水の配管からお湯が流れ出してしまったのです。

Gbun
めちゃ焦りました。給湯器の配管を閉めると解決しました!

エコ給湯を使っている場合は、お湯のタンクの配管を閉める。

交換前の止水栓

ステンレスのバリが出ることもあるので、手袋などをして手を切らないように作業します。給水配管の水分を拭き取って、配管にシールテープを巻いて新しい止水栓を取り付けます。

止水栓を取り付ける

洗面台に付属している配管が、以前使っていたものに比べ短く届きませんでした。流し台を取り付ける位置に設置して、止水栓にザルボを取り付けて配管を延長しました。

Gbun
詳しくは次の項目のところで説明しています。
止水栓を取り付ける

壁紙交換時にかべパテで穴は塞いでいますが、念のためすきまパテで給水配管の隙間を埋めています。

すきまパテで埋めた
セメダイン(Cemedine)
¥430 (2021/07/27 17:38時点 | Amazon調べ)

止水栓が届かない!配管を延長する方法

初めての作業でしたが、割と順調に進めていた洗面台交換。しかし、新しい洗面台に止水栓を取り付けようとしたところ、配管が届きません

止水栓が届かない洗面台設置

あと少しですが、止水栓までシャワーの配管が届きませんでした。

Gbun
止水栓まで届きません!困った…。
止水栓が足りない

ザルボで配管を延長する

止水栓まで届かないので、ザルボという配管を少し延長できるパーツを購入しました。長さは30mmと20mmを用意しました。

ザルボは長さも色々とあるので、状況にお維持て選ぶことができます。

ザルボ購入
カクダイ(KAKUDAI)
¥251 (2021/07/28 21:08時点 | Amazon調べ)

ザルボは六角で取り付け

ザルボは特殊な形をしていてモンキーレンチでは取り付けができません。12mmの六角を使って止水栓に取り付けます。

ザルボは六角で閉める

ザルボの取り付けに12mmの六角レンチが必要になったので、水回りの修理にも役立つので立水栓レンチを購入しました。ザルボの取り付けだけなら、六角スパナだけでOKです。

立水栓レンチを購入
カクダイ(KAKUDAI)
¥1,027 (2021/07/28 21:08時点 | Amazon調べ)

ザルボを止水栓に取り付けると、必要な分だけ配管を延長できます。

ザルボを取り付けた止水栓

ザルボの取り付けは、シールテープを巻いてからします。

ザルボの取り付けはシールテープを巻く

DIYと業者でこれだけ違う!洗面台のリフォーム費用

最初から洗面台交換をDIYでやろうと思ったのではなく、費用を計算しているうちにDIYでやる方がめちゃくちゃ安いことに気が付いたので、自分でリフォームをすることにしました。

Gbun
洗面台を発注してDIYで交換すれば、かなり安く済みます。

業者に洗面台交換をお願いすると、洗面台の価格込みで12~15万円くらいかかることが分かりました。

DIYで洗面台交換を自分ですれば、洗面台と部品代あわせて全部で44,160円でできました。つまり、業者に頼むと工事費として10万円近く支払うことになります。

洗面台交換にかかる費用
  • 業者に依頼…120,000円以上
  • DIY…45,000円

インターネットで探して低価格で販売しているお店に注文して、洗面台の購入費用を安く抑えているのもポイントです。

インターネットでは同じ洗面台でも、ピンキリの値段で販売してあります。送料込みで安く売っているお店を見つけて、洗面台を注文すればお得です。

Gbun
ネットで検索すると、同じ商品でもピンキリなので安いお店に発注します。

インターネットでの注文では、家の前まで洗面台を運んでもらえるのでホームセンターで購入するより楽です。ホームセンターで販売している洗面台よりも安く、さらに運ぶ労力も必要ないので便利です。

家の中には自分たちで運び入れる必要があるので、その点は心の準備をしておいてください。といっても、最近の洗面台は昔の洗面台よりも、ずいぶん軽くなっているので大丈夫だと思います。

業者に依頼するよりも、DIYなら10万円ほど節約して洗面台の交換ができます!

洗面台の交換だけでも業者に依頼するのと、DIYでするのとでは10蔓延ほどの違いがあります。さらに、クッションフロアや壁紙も合わせて交換するとなるとさらに金額は膨らみます。

Gbun
クッションフロアや壁紙も同時に交換をするなら、DIYが断然安いです。

洗面台の交換はDIYでできる!洗面台の撤去と取り付け方法 まとめ

この記事では「洗面台の交換はDIYでできる!洗面台の撤去と取り付け方法」について書きました。

最初は業者に依頼しようかと思っていた洗面台の交換ですが、初めての施工でしたがDIYでできました!

どれくらい節約できた?
  • 業者に依頼すると…12万円以上
  • DIYで実施…45,000円

→DIYで洗面台交換したので、10万円近くお得に交換できました。

「元栓を閉めてるのにお湯が止まらない」「配管が届かない」など、ちょっとしたトラブルもありましたが大満足の仕上がりになりました。

Gbun
お得なのに、業者よりも丁寧に洗面台の交換ができました。

洗面台交換の3ステップ

洗面台の交換だけなら、初めてでも2~3時間で終了すると思います。洗面台は大きなものなので、ネットで購入して配送してもらうと作業がスムーズにできます!さらに、ネットの方が送料込みでも格安に洗面台を手に入れることも可能です。

¥45,919 (2021/07/28 02:01時点 | 楽天市場調べ)
SANEI(旧社名:三栄水栓製作所)
¥1,850 (2021/07/28 02:01時点 | Amazon調べ)
カクダイ(KAKUDAI)
¥251 (2021/07/28 21:08時点 | Amazon調べ)
カクダイ(KAKUDAI)
¥1,027 (2021/07/28 21:08時点 | Amazon調べ)

洗面所のリフォームで洗面台の交換とともにやった作業は、壁紙の張替えとクッションフロア張替えです。

Gbun
洗面所のDIYリフォームの内容は専用記事にまとめています。
よかったらシェアしてね!

メッセージをどうぞ!

コメントする

目次
閉じる