タフト Gターボ クロムベンチャー納車!オプション紹介

一緒に暮らすsuuの人生初の車が2021年9月19日に納車しました!

人生初の車はダイハツのタフト。グレードはGターボで、特別仕様車のクロムベンチャーの駆動は2WDです。軽自動車といえ、200万円を超える買い物。

ダイハツでターボ付きとターボなし、そしてライバルとなるスズキのハスラーとじっくり試乗して決めた車です。これからタフトを契約しようかな?と考えている方に参考になるようなことを書きたいと思います。

Gbun

めっちゃ小さなハマー(アメ車)みたいで可愛いです!

目次

タフト納車までどのくらい?

タフトの契約日は2021年8月19日で、納車が9月19日。契約から1ヶ月で納車となりました。

半導体の不足や東南アジア諸国からの部品供給がままならない中、契約から納車まで1ヶ月だったことは奇跡だと感じています。セールスさんによると「工場が止まる直前でオーダーが通った」と言っていました。11月くらいの納車も覚悟していたので、本当にラッキーでした。

グレードや色、選んだカーナビの種類などによっては、納期未定のタフトも多いと聞きます。

納車当日のタフト
納車当日のタフト

タフトのグレード設定

タフト購入の際には3つの選択肢から絞っていくことになります。まずは、グレードのGなのかXなのか。それからターボ付きか無しか。最後に駆動は2WDか4WDか?というのを選んでいきます。

タフトの選び方
  1. グレードは?:G or X
  2. ターボは?:ターボ付き or 無し
  3. 駆動は?:2WD or 4WD

GかXか

タフトにはGとXというグレードがあります。Gが上位でXが下位グレードとなり、主に外観のカッコ良さや内装の快適装備に違いがあります。資金に余裕があれば上位グレードのGの方が、当たり前ですがオートライトやシートヒーター、UVカットフロントガラスなど至れり尽せりの仕様です。

車好きのGbunはタフト購入の際、ずっと一緒に同行していて(足代わりとしても)、当初は『グレードもXでいいんじゃない?』と思っていたのですが…。GとXは全然装備の充実度が違うので、好みもあると思いますがGが断然おすすめです。後から弄れない部分も多いので、自分好みにカスタムする場合もGを選んでおいた方が良いと思います。

GかXで迷ったら…

かなり違いがあるので、Gがオススメ

Gの2眼メーターはカッコイイ
Gの2眼メーターはカッコイイ

ターボ付きかターボなしか

また、走りの方はターボ付きかターボなしかという点が大きな違いになり、G・Xともにターボの有り無しのグレードが用意されています。

これまた『軽自動車にターボはいらんやろう!』と思っていたのですが、両方を同じ日に試乗させてもらうと走りの余裕に雲泥の差。高速道路を走らなくても、信号でのストップ&ゴーでも体感できる違いがあります。高速やバイパスをよく使うだけでなく、誰かを乗せることが多い場合にはターボ付きの方がストレスなく運転できます。

ターボ付きか無しか…

高速を走るだけでなく、人を乗せるなら街乗りでもターボ付きがストレスがない

2WDか4WDか

G・Xとも2WDか4WDかが選べるようになっています。これは四輪駆動が必要かどうかで判断すればいいと思います。

スタッドレスタイヤを冬場に履くような地域だと4WDが良いですし、ボードなどによく行く場合や泥るんだ所を頻繁に走るなら、やっぱり4WDが活躍します。

逆にそのようなタイヤで地面を掴むようなシチュエーションがないなら、2WDで十分。ちなみにsuuは2WDを選択しました。 2WDと4WDでは 重量はほとんど差がありませんが、燃費は少し2WDの方が良いです。

スズキのハスラーも試乗しよう!

タフトに決めていてもスズキのハスラーも試乗した方がいいです。もちろん競合なので値引き交渉の材料にもなりますし、外装やカラーなどを見てみると軽SUVで似ている車に感じますが、実際に試乗すると乗り心地も運転のフィーリングも全然違います

タフトは硬くしっかりした足回りで、サイズ感は全然違いますが昔Gbunが乗っていたハイラックスサーフを連想させるものでした。ハスラーはそこまで攻めていなくてマイルド。

これは好みですが、特に後部座席の乗り心地は全く別物でした。ハスラーは後部座席が1段上がったような構造で、運転席や助手席の人が頭1個分低いので、なんだろう…人力車に乗っているような感じでした。

また、安全性能の機能面では、今のところタフトの方が一歩リードしています。あと、四角いデザインのタフトは、前後共に見切りが良いです。

スズキのハスラーも試乗しよう

タフトとハスラーは全然違うので、試乗して走りの好みを確認する

タフトのガラスルーフは解放感がスゴイ
タフトのガラスルーフは解放感がスゴイ

タフトに付けたオプション紹介

ここからは好みの話で、実際にどんなオプションを付けたかを紹介します。

基本的には後でGbunが色々取り付けてあげられるので、後から弄るのは面倒なパーツだったり、純正の方が収まりが良いパーツを最初からオプションで付けるようにしました。

クロムベンチャーはメッキパーツが付いている
クロムベンチャーはメッキパーツが付いている

特別仕様車 クロムベンチャー

まずはオプションではないですが、Gグレードに設定されている特別仕様車のクロムベンチャーを選びました。クロムベンチャーの主な特徴は、外観のメッキ系の装飾品が付いていること、内装のオレンジのパーツがダークシルバーであることです。

外装のメッキパーツを一つずつオプションで付けるよりお得で、なおかつ室内のインテリアがオレンジではなくダークシルバーになるのでグッと落ち着いた空間になります。

クロムベンチャーはダークシルバーの内装
クロムベンチャーはダークシルバーの内装

パノラマモニター

メーカーオプションのパノラマモニターを付けました。前後左右にカメラを搭載することで、駐車時などに俯瞰して自分の車の状態をナビのモニターで確認することができます。

タフトは軽自動車で四角いので死角は比較的少ないのですが、駐車が苦手な場合やペーパードライバーには便利で安心感が高まる装備です。

アルパインのカーナビ

ナビはワイドプレミアムメモリーナビで、アルパイン製の7インチワイドです。後々アルパインのスピーカーに交換してもいいかなと勝手にGbunは思っています。

一番大きな9インチのナビは、ロッキーやトールではバッチリなのですが、タフトに装着するとセンターパネルからチョットはみ出た形になるので選びませんでした。これは好みの問題ですね。9インチとワイドスタンダードはパナソニック製のナビです。

ずっとGbunはカロッツェリアのナビを愛用しているのですが、このアルパインの ワイドプレミアムメモリーナビ のルート案内の分かりやすさにはビックリしました。

ちなみに、運転中でもナビの操作ができるキット(以前はディーラーでは取り付けしてくれなかった)も取り付けてもらいました。

アルパインのワイドプレミアムメモリーナビ
アルパインのワイドプレミアムメモリーナビ

安心ドラレコプラン

アルパインのカーナビと一緒に付けたのが、ナビと連動のドライブレコーダーです。

ドラレコをいつもはGbunが後付けしてたのですが、最近のナビ連動型ドラレコは性能が良くなり、また後方はバックカメラを利用するのでリアの窓にカメラを取り付けなくて良いので、仕上がりがスッキリしているのがポイントです。

正直、ドライブレコーダーは後で自分でつけた方が安上がりですし、画像もドライブレコーダー別体で取り付ける方が画質が良いです。

マッドフラップ

マッドフラップはこだわって装着しています。タフトはデザイン上、後方への泥や水はねが凄まじいです。乗っている方は気にならないかもしれませんが、後ろを走る車は…車好きの人ほど嫌かも。

マッドフラップを前後付けてしまうと、結構『泥よけ付けてます!』と主張が激しくなってしまうので、リアにはマッドフラップのブラックを付け、フロントにはマッドガードを付けました。

フロントのマッドガード

フロントのマッドガードはめちゃシンプルで目立たないアイテムです。主には後続車への泥はねというより、自分の車が汚れるのを防止する意味でフロントもマッドガードを取り付けています。

フロントのマッドガード
フロントのマッドガード

リアのマッドフラップ

リアのマッドフラップは、レッドとブラックが用意されています。ブラックをチョイス。TAFTの文字が可愛いです。

リアのマッドフラップ
リアのマッドフラップ

ナンバーフレーム

オリンピックの白ナンバーも選べましたが、黄色の軽のナンバーにしました。黄色のナンバーってなんだか可愛いので、ただしナンバーフレームを付けてナンバープレート周りが寂しくないようにしています。

ナンバーフレーム
ナンバーフレーム

オールウェザーマット

わんこを乗せることが多いので、抜け毛の掃除がしやすく、水遊びの後でも汚れにくいように足元のマットはオールウェザーマットを選びました。

ボディーコーティング

ボディーコーティングも、ウルトラコーティングNE’Xを施工しています。もちろん自分でコーティングしたり、コーティング屋さんに持っていくのもアリです。suuの初めての車ということで5年保証も入っているので、コーティングもディーラーさんにお任せしました。

キーケース

ついでにキーケースもお願いしました。黒いカギって結構見失うので、ちょっと自己主張する色で可愛いトイストーリーのキーケースです。

トイストーリーのキーケース
トイストーリーのキーケース
トイストーリーのキーケース|ボタン側
トイストーリーのキーケース|ボタン側

タフト納車とオプション まとめ

タフトを契約したのが2021年8月19日で納車が9月19日。半導体やワイヤーなど部品不足の中、奇跡的に1ヶ月で納車となりました。

グレードやオプションも迷いながら厳選。初めての車を手に入れたsuuは毎日充実しているようです。iPhoneとナビをBluetoothで接続しているので、タフトに乗り込むと好きな曲が流れ通勤も楽しんでいるそうです。

Gbunも乗せてもらったのですが、タフトは楽しい車で満足度が高いと感じました!羨ましい!

Gbun

納車後すぐにした作業はコレ!

よかったらシェアしてね!

メッセージをどうぞ!

コメントする

目次
閉じる