超簡単!タフトのアイドリングストップキャンセラー取り付け

タフトにアイストキャンセラーを取り付けました。作業時間は一瞬、5分も必要ありません。パネル外しもせずに行えるので、初心者でも簡単です。

目次

アイドリングストップでバッテリーが…

タフトにはアイドリングストップ機能が付いていて、ブレーキを強く踏んで停車するとエンジンのアイドリングがストップしてエンジンが切れる。そして、アクセルを踏むとエンジンが再びかかって発進する。

アイドリングストップ機能は、無駄なアイドリングを抑えてガソリンの消費を減らす凄い機能に感じる。けれど…。じつはドライブ中に何度もエンジンの停止と始動を繰り返すのでバッテリーにめちゃくちゃ負担をかける。結果としてバッテリーの寿命は短くなり交換頻度が増すのだけど、アイドリングストップ機能に対応したバッテリーは通常のノーマルバッテリーより容量が大きいので値段が高い

軽自動車ではバッテリーの価格は元々安いけど、それでもアイドリングストップ機能に対応したバッテリーは容量大きい分、価格は上がる。Gbunが乗っている普通車のインプレッサスポーツでは、ディーラーで交換依頼すると3万円以上は請求されます。ネットで購入すれば1万5~6,000円ほどで入手できるので、自分で取り付けすれば安く済むのでそうしていますが。

さらに言えば、アイドリングストップ機能はバッテリーへの負担だけでなく、毎回エンジン点火の『音』が気になる場合もあります。

タフトは軽自動車ですし、アイドリング時のガソリンの損失も微々たるもの。バッテリが消耗して交換になった方が、アイドリングストップでちょっとずつ節約したガソリン代よりも高額です。という訳で、アイドリングストップ機能を無効にするアイテムを取り付けました。

アイドリングストップ機能をOFFにする方法

アイドリングストップ機能のOFFは、エンジン始動ボタンの下にあるスイッチを押すことでも機能をOFFにできます。この方法だとエンジンを完全にOFFにすると元に戻ってしまうので、出かけるたびにボタンを押してアイドリングストップ機能をOFFにする必要がありちょっと面倒です。

Gbun

毎回ボタンを押さなくても良いようにします!

アイドリングストップ機能OFFのスイッチ
アイドリングストップ機能OFFのスイッチ

便利アイテム!アイストキャンセラー

毎回エンジン始動時にアイドリングストップ機能OFFのボタンを押さなくても、アイドリングストップ機能をキャンセルしてくれる便利アイテムがアイドリングストップキャンセルユニット(アイストキャンセラー)です。

エンジンをかけると、自動で『アイドリングストップ機能を停止するボタン』を1回押した事にしてくれるアイテムです。取り付けるだけで、毎回エンジンをかけるたびに機能OFFのボタンを押さなくてよくなります。

Gbunは国内の会社(オートパーツ工房株式会社)で作られているパーツを購入しました。中国製も安価に出回っているのですが、この手のパーツはミスするとコンピューターの異常を検知してしまったりするので、日本の物を購入しました。

21年現行タフトはスイッチパネルの形状が、ダイハツ650型タイプの仕様になっているのでダイハツ650型を購入

とても分かりやすいカラーの説明書が同封されていました。こういったところ中華製品と違いが出ますね。

Gbun

説明書がとても分かりやすく親切でした。

分かりやすい取説付きでした
分かりやすい取説付きでした

アイストキャンセラーの取り付け方法

タフトのアイストキャンセラーの取り付けは一瞬で終了します。

よくある取り付け方法は、取り付け方法の説明書にあるようにスイッチ下部のパネルを外して行います。でも、パネルを外さなくても下から覗き込めば見えるので、ちょっと器用ならパネルを外さなくても一瞬で完了します。

タフトのアイドリングストップキャンセラー取り付け
アイドリングストップキャンセラー取り付け

取り付けるアイストキャンセラー

アイドリングストップを自動でOFFにしてくれるアイストキャンセラーはこんな感じのパーツです。スイッチパネル裏にあるコネクタを外して、これを間に入れて繋ぐだけで完了します。配線の面倒な処理はないので初心者でも簡単に取り付けできます。

Gbun

カプラなのでカチッと差し込めばOK!

取り付けるアイストキャンセラー
取り付けるアイストキャンセラー
Gbun

作業はエンジンを切って行ってくださいね。

スイッチパネルを下から覗き込む

新車でパネルに傷をつけては叱られるので、パネルは外さずに下からアプローチしました。タフトは足元が比較的スペースがあるので、パネル外しをしなくてもスイッチパネルの裏にアクセスできます。

写真がキレイに取れなかったのですが、下からスイッチパネルの裏を覗き込むとこんな感じにアイドリングストップ機能OFFスイッチの裏に、白いコネクタが刺さっているのが確認できます。

スイッチパネルの裏を下から見た図
スイッチパネルの裏を下から見た図

スイッチ裏のカプラを外す

アイドリングストップ機能OFFスイッチの裏にある白いコネクタを外します。コネクタは上に爪があるので、上をクっと抑えてながら引くと簡単に外れます。

カプラを外す
カプラを外す

アイストキャンセラーを割り込ませる

外した配線の方のコネクタに、用意しておいたアイストキャンセラーを取り付けます。カチッと音がするまでキッチリ差し込みます。

コネクタにアイストキャンセラーを取り付ける
コネクタにアイストキャンセラーを取り付ける

アイストキャンセラーをスイッチの裏に接続

アイストキャンセラーを取り付けた配線を、スイッチの裏のカプラにキッチリと差し込みます。これでアイストキャンセラーを配線に割り込ませることができました。完成です!

アイストキャンセラーを接続する
アイストキャンセラーを接続する
Gbun

アイストキャンセラー取り付け作業は5分もかかりません!

アイストキャンセラーの動作確認

アイドリングストップキャンセラーが取り付けできたら、エンジンを始動してみます。エンジン始動着後は点灯していませんが、驚かなくて大丈夫です。5秒後にはアイドリングストップキャンセルのマークが点灯します。無事点灯すればバッチリ完了。

Gbun

エンジン始動後、5秒間待ってください。

アイドリングストップキャンセラーの確認
アイドリングストップキャンセラーの確認

タフトのアイドリングストップキャンセラー取り付け まとめ

タフトのアイストキャンセラー取り付けは、パネル外ししなくてもできます!パネルを外さずに作業すれば5分もかかりませんし、誤って内装に傷を付けずに済みます。

Gbun

取り付け作業は一瞬です!

アイストキャンセラー取り付け手順
  1. パネル下からコネクタを確認
  2. アイドリングストップOFFボタンの裏のコネクタを外す
  3. コネクタにアイストキャンセラーを付ける
  4. ボタン裏にコネクタを取り付け完成
よかったらシェアしてね!

メッセージをどうぞ!

コメントする

目次
閉じる