できる!アイドリングストップ車のバッテリー交換|インプレッサスポーツ

初めて車のバッテリー交換をDIYでやりました。

アイドリングストップ車用のバッテリー交換は、カー用品店やディーラーでお願いするとかなり高額です。

Gbunのアイコン画像Gbun
Gbunの場合は、工賃込みで38,500円と言われました…。

そこで、インターネットでバッテリーを購入して自分で取り付けることにしたのですが、かかった費用は16,000円ほどで見積もりの半分以下で済みました!じつに60%OFFです。

バッテリー交換方法と注意点、さらに交換後の古いバッテリーの廃棄方法など、自分でバッテリーを変える時に役立つ情報をご紹介します。

この記事では「自分で車のバッテリーを交換する方法」について書いていきます。

目次

自分でバッテリー交換するメリット

車のバッテリーを自分で交換するメリットは一つ、バッテリー交換にかかる料金を安くできるからです。

Gbunはオートバックスでバッテリーの交換を勧められ、見積もりをお願いするとバッテリーと工賃込みで38,500円でした。

車はインプレッサスポーツで、アイドリングストップ車です。

アイドリングストップ車は、停車の度にSTOP&GOを繰り返すのでバッテリーにとても負担をかけます。なので、アイドリングストップ車用バッテリーは大容量で高耐久な物となっています。その分、アイドリングストップ車用のバッテリーは高額です。

Gbunのアイコン画像Gbun
だとしても、バッテリーと工賃込みで38,500円は高過ぎます。

自分でバッテリー交換すれば、バッテリー代だけで済むのでバッテリー交換にかかる費用を抑えることができます。

実際にGbunがバッテリー交換でかかった費用は、バッテリー代の16,340円です。つまり、オートバックスで交換をお願いするよりも半額以下で交換することができました

自分で交換するメリット
  • バッテリー代だけでOK。交換費用が安くできる!
  • オートバックス:38,500円→ 自分で:16,340円

安物のバッテリーにしたわけでなく、パナソニックのカオス N-Q100です。バッテリーはインターネットで購入すれば、良いものがかなり安く入手できます。特にアイドリングストップ車用のバッテリーは高価なことに加え、1つ20Kgほどととても重いのでネットで注文して届けてもらう方法が1番かと思います。

Gbunのアイコン画像Gbun
車好きが選ぶ、安心のカオスです!
バッテリー交換カオスN-Q100/A

バッテリー交換で必要な物

イッチーのアイコン画像イッチー
だけど、バッテリー交換って自分でできるん?
Gbunのアイコン画像Gbun
初めて交換したけど、自分でできたからやり方を紹介するね。

まず初めにバッテリー交換するための工具など必要な物をご紹介します。

準備するもの
  1. 新しいバッテリー
  2. レンチ(10mm)
  3. 手袋
  4. メモリーバックアップ

新しいバッテリーの用意方法

バッテリー交換するために、新しいバッテリーを用意します。バッテリーの種類はとても多いので、ボンネットを開けて取り付けてあるバッテリーの型番号を調べ、下記パナソニックサイトで確認するのがおすすめです。

チェックする→ パナソニックバッテリー適合ページ

  1. 取り付けてあるバッテリーの型番をチェック
  2. パナソニック適合ページで購入バッテリーを調べる
  3. Amazonもしくは楽天で該当バッテリーを検索する

新しく取り付けるバッテリーが決まれば、Amazonもしくは楽天で該当バッテリーを検索してインターネットで注文します。

Gbunのおすすめは楽天のwebいちかわでの購入です。なぜかと言うと、後で説明します古いバッテリーの廃棄処分を無料でしてくれるからです。

Gbunのアイコン画像Gbun
ネットで最安値というのも大きな理由です!

お店の情報を見てみる→ webいちかわ店

レンチは10mmを用意しよう

車にバッテリーを固定してあるステーや、プラスやマイナスの端子は全て10mmのナットが使ってあります。

取り外したり緩めたりするのは、10mmのレンチ1本を用意すればOKです!ボンネット内のスペースが狭い車もあるので、ラチェットを別途持っていない場合は、ラチェット付きのレンチがおすすめです。

10mmレンチを使う

メモリーバックアップ

バッテリーを交換する時には、一時的にバッテリーを車から取り外します。バッテリーからの電源供給が止まると、車の時計やパワーウインドウ、電動シートの設定、ナビなど電子機器が初期状態に戻ってしまします。「初期設定なんてすぐできるよ」という場合は不要です。

バッテリー交換時にメモリーバックアップを取り付けておけば電気が途絶えないため、バッテリー交換後にわずらわしい電子機器類の再設定が必要ありません!

Gbunのアイコン画像Gbun
1個あると便利なアイテムです。

メモリーバックアップについては、後でもっと詳しく説明しています。

バッテリー交換の手順

車のバッテリー交換の手順は5つのステップです。

STEP
エンジンをOFFにしてボンネットを開ける

バッテリー交換の際は、必ずエンジンをOFFにしてから始めます。キーを差すタイプの車の場合は、キーを抜いておきましょう。

STEP
メモリーバックアップを接続する

メモリーバックアップはバッテリーに直接つなぐ物もありますが、Gbunはバッテリー交換時に邪魔にならないOBDⅡに接続するタイプのカーメイト メモリーキーパーを選びました。

OBDⅡコネクタは運転席や助手席の足もと付近にあります。インプレッサスポーツは運転席のアクセルの上付近にあります。

インプレッサスポーツのOBDⅡの位置

メモリーキーパーの接続は、OBDⅡへグッと差し込むだけでOKです。

メモリーキーパーを接続する

メモリーキーパーの本体をダッシュボードの上に置き、作業中にLEDライトが確認できるようにします。

メモリーキーパーを接続して、施錠せずにすべてのドアを閉めてから約3分待ちます。

左2つ(電池とバッテリーのマーク)が点灯しているのを確認してから、次の作業を開始します。古いバッテリーを外すと、左の電池マークと1番右の通電マークが点灯します。

メモリーキーパーを確認する
STEP
古いバッテリーを外す

バッテリーを固定してあるステーを外すため、2ヶ所のナットをスパナ―で外します。なお、寒冷地仕様の場合、バッテリーの外側にはカバーが付いています。

Gbunのアイコン画像Gbun
めっちゃ汚くてスミマセン!バッテリーターミナル(マイナス)も後日交換します!
バッテリーのステーを外す

インプレッサスポーツの場合、配線を止めてあるパーツが少し邪魔ですが、このパーツは外さなくてもバッテリー交換できるのでそのまま作業を進めます。

インプレッサスポーツのバッテリー交換

バッテリーが固定されている留め金の先は、L字型になっていてバッテリーの下の台座の部分の穴に引っかけて固定するようになっています。

ステーのボルトを緩めて、このL時の留め金を揺らせば外れます。

バッテリーが固定されている部分
バッテリーを外す際のポイント
  • マイナス端子を外す
  • プラス端子を外す

バッテリーを外す際は、必ずマイナス端子から外します。先にプラス端子を外すと感電やショートの危険があるので注意!

マイナス端子を外したら、新しいバッテリーに付いてあるキャップを被せます。新しいバッテリーはテープや布で端子をカバーしておきます。

Gbunのアイコン画像Gbun
新品のキャップで絶縁するのが一番手っ取り早いし安全です。
マイナス端子を外しカバーする

マイナス端子が外せたら、次にプラス端子を外します。緩めるナットを間違えないように注意します。

バッテリーのプラス端子を外す

プラス端子が外せたら、新しいバッテリーに付いてあるキャップを被せます。こうすることで感電やショートの危険性がなくなります。

バッテリーにキャップする

マイナスとプラスの端子が外せたら、キャップを取り付けたまま持ち上げて車から降ろします。インプレッサスポーツのアイドリングストップ車用のバッテリーで、重さは20kgほどあります

バッテリーは特に持ち手もないので、作業用のゴム手袋をつけて汗で手が滑らないようにすると持ちやすいです。

Gbunのアイコン画像Gbun
汗っかきなので、ゴム手袋は必需品です!

古いバッテリーを外すと台座があってかなり汚れていたので、洗ってから設置しました。

バッテリーを外した後の受け皿
STEP
新しいバッテリーを取り付ける

新しいバッテリー(カオス N-Q100/A)を乗せて、バッテリー固定ステーを取り付けます。

パナソニックのアイドリングストップ車用のバッテリーは元々2年保証ですが、同時にLifeWINKを購入し取り付けるとプラス1年延長が伸びます。という訳で、バッテリーと併せて購入し取り付けることにしました。

LifeWINKの詳細や取り付け方は別記事で詳しく説明しています。

LifeWINK(ライフ・ウィンク)必要?取り付け方法とメリット

インプレッサスポーツにバッテリーを取り付ける
新しいバッテリーの取り付け
  • プラス端子を取り付ける
  • マイナス端子を取り付ける

新しいバッテリーの取り付けは古いバッテリーを外した時と逆で、プラス端子を取り付けてからマイナス端子を取り付けます

N-Q100/Aの取り付け
STEP
エンジンがかかるかチェックする

新しいバッテリーが取り付けられると、メモリーキーパーのLEDライトが古いバッテリーを外す前と同様に左2つが点灯します。この状態になればメモリーキーパーを外して、エンジンがかかるかどうかをチェックしてバッテリ交換は終了です。

Gbunのアイコン画像Gbun
初めての作業でしたが、20分ほどで終わりました。
メモリーキーパーをの通電

バックアップって何?必要?

バッテリーを交換する際には、一時的に車への電気供給が止まってしまいます。

電気供給がなくなってしまうと、電子機器類が工場出荷時の初期設定に戻るため、パワーウインドウが開かなかったり、1発目のエンジン始動に時間がかかったり、ナビや電子時計、パワーシートに設定が解除されてしまいます。

初期化してしまっても自分で元に戻せる場合は、バックアップメモリーは不要です。

Gbunのアイコン画像Gbun
でも、設定し直すのって結構メンドウです。

そこで、使うのがメモリーキーパーです。メモリーキーパーを接続することで、バッテリー交換時に電気供給をストップすることなく作業できるので、電子機器がリセットされれる心配がありません。

バッテリー端子に繋ぐタイプもありますが、GbunはOBDⅡに取り付けるタイプを選びました。使ったのはカーメイトのメモリーキーパーです。通常は黒いボディですが、Amazon限定の赤を購入しました。

メモリーキーパー

メモリーキーパーは電池を使用します。電池は単4を6本です

Gbunのアイコン画像Gbun
Gbunはミスったのですが、単3ではないので注意してくださいね。
メモリーキーパーの電池

車への接続はOBDⅡコネクターから行います。OBDⅡは運転席や助手席付近にあり、車に搭載されているECUというコンピューターにアクセスするための物です。2000年以降に発売された車なら、どこかにOBDⅡはあると思います。

Gbunのアイコン画像Gbun
OBDⅡはパソコンでいえば、USBの差し込み口みたいなものです。
OBDⅡのプラグ

メモリーキーパーは、1個持っていればバッテリー交換が楽にできる便利なアイテムです。

バッテリーの廃棄方法

古いバッテリーの廃棄は、バッテリーを販売しているお店であれば処分してもらえます。

カー用品店やガソリンスタンドなどで、廃棄費用はだいたい500~1,000円位です。

古いバッテリーを持ち込んで有料で廃棄してもらうのも悪くないのですが、インターネットで購入すればバッテリーを無料で処分してくれるネットショップもあります。

Gbunはネットで最安値でバッテリーを販売していて、さらにバッテリーを無料で回収してくれる楽天のwebいちかわでの購入しました。

注文時に廃バッテリー無料回収を「希望する」とすると、新品バッテリーと共に佐川急便の送り状が届くので、新しいバッテリーが入っていた箱に古いバッテリーを入れて佐川急便に持ち込めば着払いで発送できます。

お店の情報を見てみる→ webいちかわ店

Gbunのアイコン画像Gbun
バッテリー交換後に充電を兼ねて、佐川急便までドライブしました。
廃バッテリー無料回収

自分で車のバッテリーを交換する方法 まとめ

この記事では「簡単?自分で車のバッテリーを交換する方法」について書きました。

初めて車のバッテリー交換をしましたが、注意する点はあるものの作業自体は難しくなく20分ほどで完了しました。

バッテリー交換の注意点
  • 取り外し:マイナス、プラスの順で端子を外す
  • 取り付け:プラス、マイナスの順で端子を付ける
  • アイドリングストップ車用のバッテリーは、重いので注意する

大手カー用品店では38,500円との見積もりだったバッテリー交換が、16,340円で済みました!ディーラーや大手カー用品店で交換するよりも、ネットで購入したバッテリーを自分で取り付ければ半額以下の値段で済みます。

バッテリーには種類が色々あるので、新品を購入するときはこの点を参考にしてくださいね。→新しいバッテリー用意の方法

イッチーのアイコン画像イッチー
だけど、自分でやるのは不安なんや…

バッテリー交換はやっぱりちょっと怖いと思ったり腰が悪い場合は、無理に作業しない方が良いです。そんな時は、購入だけネットでやって専門の業者さんに頼めばOKです。それでも安上がりですよ!

Gbunのアイコン画像Gbun
Gbunはタイヤ交換をグーピットで探したお店でやってもらいました!

5万円も安かった!タイヤ交換を安くする方法

安くバッテリーを取り付けるには?
  • ネットでバッテリーを買う
  • 取り付け工賃の安いお店を探す

近くのお店にwebで問い合わせて、一番安く取り付けてくれるところに依頼することができます。

ネットで購入したパーツを取り付けるなら【グーピット】

Gbunのアイコン画像Gbun
元のバッテリーより性能が上のバッテリーに安く交換できました!
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる