【インプレッサスポーツ】エアフィルター交換は自分でできる!

Gbunのインプレッサスポーツも早いもので、もう5年経過します。2回目の車検を受けました。

車検を受けるにあたって、色々とDIYでパーツ交換できるところは事前に全部やりました。余計な出費がかかっても嫌ですし、車検の時に汎用品に交換されてしまい、自分で選んだパーツ以外になってしまうのも嫌でした。

今回は、車検準備としてDIYでやったエアクリーナーのエアフィルター交換について書きたいと思います。

この記事では「エアクリーナーのフィルター交換!インプレッサスポーツでの作業方法」について書いていきます。

目次

自分でエアークリーナーのフィルターを交換する手順

エアークリーナーはエンジンに空気を送る時に、不純物が混入しないように取り付けられているパーツです。そして、フィルター交換はとっても簡単!5分程度で終わります。Amazonなどで、お気に入りのパーツを安く入手して、自分で交換すれば車検で請求されずに済みます。

Gbunのアイコン画像Gbun
エアクリーナー交換作業はとても簡単です。
STEP
交換用フィルター準備

まずは、交換用フィルターを事前に注文して準備しておきます。

STEP
古いフィルターを外す

古いフィルターを外すのは5分程度の簡単な作業です。

STEP
新しいフィルターの取り付け

フィルターはポン付けでOK。古い物と交換するだけです。

インプレッサスポーツGP|エアフィルター交換方法

Gbunのアイコン画像Gbun
エンジンルームがすごく汚いですね、掃除しないとです。

エアフィルターはエンジンルームの青丸の部分の取り付けられています。

3ヶ所の留め具を外せば交換できます。右のパーツはドライバーで緩めれば外すことができ、真ん中と左のクリップは手でパチンとロックを外せます。

外すとこんな感じになっていて、手前にフィルターが付いているので、それを新しいフィルターと付け替えます。

フィルターの向きだけ注意です。

取り外した古いフィルターには虫や葉っぱなどたくさんゴミが付着していました

エアーの取り込みの三角形のパーツを外すと、新しく取り付けたブリッツのエアフィルターが見えます。

エンジンをかけて、吹かしてみて問題なければ完了!

備忘録:3万1000キロで交換。

とても簡単な作業なので、初めてでも大丈夫ですよ。車検前にチャレンジしてみてくださいね。

エアフィルターは型番に注意!

今回使用したのは、BLITZ(ブリッツ) SUS POWER AIR FILTER LM(サスパワーエアフィルターLM) 純正交換タイプ スバル SF-48B 59542です。取り付けは簡単で、純正品と交換するだけでOKです。

品名:SF-48B 品番:59542

間違ってしまうと、取り付けられないので注意して購入してください。

中身はこんな感じです。ブリッツのキレイな青いフィルターです。

裏は硬いワイヤー素材で、しっかりした作りになっています。あえて例えるなら、すっごく硬い網戸みたいな感じです。

Gbunのアイコン画像Gbun
カッコいい青いエアクリーナーです!

エアクリーナーのフィルター交換方法 まとめ

この記事では「エアクリーナーのフィルター交換!インプレッサスポーツでの作業方法」について書きました。

エアクリーナーのエアフィルターは目詰まりがそれほどしていなかったので、交換後に『パワーアップした!』というような感覚はありませんでした。ほんの少しトルクアップした?したかな?と思うくらいです。

でも、やっぱり汚れてはいるので交換してよかったと思います。DIYでも簡単にできる作業なので、挑戦するのにはピッタリな作業です。

Gbunのアイコン画像Gbun
キレイになったことに満足です
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる