ソファーのへたり修理はDIYでOK!ウレタン交換で復活

ソファーのへたり修理はDIYでOK!ウレタン交換

スキャンティークのソファーを購入してから9年近く経ち、ソファーのへたりがかなり気になる状態となりました。長く座るとお尻や腰が疲れるように感じ、思い切ってDIYでソファーの中のウレタン交換に挑戦しました。

いざウレタンを交換してみると、座り心地は雲泥の差!大満足の結果です。ソファーのウレタン交換は難しくなく、DIYでも十分可能です。

Gbun

ソファーのウレタン交換はDIYでもできました!

目次

まだまだ使えるソファーを蘇らせる!

スキャンティークのソファーは別売りで、換えクッションが販売されているのですが35,000円を超えるお値段で、ちょっとお高く今回はDIYでウレタン交換してみることにしました。

わが家で愛用しているのは、スキャンティークのKONISKA 2人掛けソファーです。カバーの替えは2セット購入していたので、今でもキレイに使えているので、座面のウレタンさえ復活してくれれば言うことなしです。

Gbun

チーク材のソファーなので、ウレタン以外は丈夫でまだまだ使えます!

スキャンティークで新しく換えクッションを買うと35,200円かかりますが、DIYだとかかった費用は12,000円ほどで済みました!かかった費用ももちろん重要ですが、好みの座面の硬さや弾力にできるのもDIYの良いところです。

  • 換えクッション:35,200円→DIYで12,000円でできた!
  • 自分好みの硬さや弾力の座面にできる!

交換用のウレタンスポンジを準備する

ソファーのウレタン交換のために、新しいウレタンを準備します。Gbunは楽天のスポンジクッションのソフトプレンで注文して用意しました。必要な大きさを量り売りしてくれるので、必要なサイズのスポンジを購入することができます

Gbun

必要な大きさのウレタンを購入できるので便利でした。

ウレタン交換に使ったもの
  • 少し硬めのウレタンチップスポンジ
  • 柔らかい高弾性ウレタンスポンジ
  • スポンジ用ボンド

せっかくなので2種類のウレタンスポンジを貼り合わせて、座り心地をワンランクアップすることにしました。

ソファー用のウレタンスポンジの注文
ソファー用のウレタンスポンジ

スキャンティークのソファーのウレタンを変える手順

STEP
ウレタンスポンジを貼り合わせる

最初にする作業は、届いたウレタンスポンジをボンドで貼り合わせることです。ウレタンスポンジと一緒に注文して置いたボンドで2種類のウレタンスポンジを貼り合わせます。

スポンジを貼り合わせるボンド
スポンジを貼り合わせるボンド

ウレタンスポンジにボンドを塗ります。端の方をしっかり塗っておけば、中の方はある程度感覚が空いていても大丈夫です。

ウレタンスポンジをボンドで貼り合わせる
ウレタンスポンジにボンドを塗る

使ったボンドはとても粘着力が強いので、1度でしっかり位置を決めて貼りつけます。しっかりくっ付けるために1日かけて乾燥させました。

Gbun

ニオイがするので外で作業するか、窓を開けるのがオススメです。

ボンドで貼って1日乾燥させた
ボンドで貼って1日乾燥させた
STEP
ソファーのウレタンの入れ替えをする

スキャンティークのソファーのカバーは簡単に外すことができます。カバーを外すと薄い布に包まれたウレタンスポンジが入った出てきます。

左がカバーを外した状態のソファーの中身
左がカバーを外した状態のソファーの中身

薄い布袋は手縫いのような解ける部分が1ヶ所あるので、そこの糸を解きます。古いウレタンスポンジを取り出して、新しいウレタンを入れます。この薄い布にウレタンスポンジを入れないと、カバーを装着しにくいので薄い布は廃棄せずに再利用しました。

薄い布にウレタンスポンジを入れる
薄い布にウレタンスポンジを入れる

手縫いで薄い布の開いた部分を閉じます。

薄い布を手縫いで封をする
薄い布を手縫いで封をする
STEP
カバーをしてソファーに戻して完成

薄い布に入れたウレタンスポンジを、カバーをかけてソファーに戻せば完成です。

新しいウレタンにカバーする
新しいウレタンにカバーする

こんなに違う!ソファーの中身のウレタンスポンジ

スキャンティークのソファーは、軽く10万円を超えるソファーなのですが、ウレタンスポンジの交換で中身を見てみるとビックリ!中のウレタンはお世辞にも良いとは言えないものでした。

ソファーのカバーを外すと、ウレタンスポンジが薄い布に包まれています。手縫いのような部分があるので、そこの糸を解けば中のウレタンが現れました。

Gbun

中身のウレタンはちょっと残念な感じでした。

スキャンティークのソファーのウレタン
スキャンティークのソファーのウレタン

スキャンティークのウレタンスポンジは、1種類。そのウレタンに綿のような物が薄く巻き付けてある構成でした。今回入れたウレタンスポンジは、少し硬めのウレタンスポンジに高弾性の柔らかいウレタンスポンジを貼りつけたものです。

古いウレタンスポンジと新しいウレタン
古いウレタンと新しいウレタンの比較

1つ修正点があるとすれば…

完成してみると、座面はとても座りやすくなったのですが、カバーが少しあまる感じでボリューム感が減りました。カバーのサイズ通りのウレタンスポンジの大きさだと、パンパン感がなくなってしまうことが分かりました。

スキャンティークのソファーの座面のウレタンは、柔らかいタイプの物を押し込んでパンパンにしてあるので、同じようにパンパンに膨らんだ状態にするには、Gbunが購入したよりも縦横奥行きともに2センチずつ位ウレタンサイズを大きくするか、元のスキャンティークのソファーのように綿のような物でウレタンスポンジを包むのが良いと思います。

Gbun

座り心地は最高です!

ソファーのへたり修理はDIYでOK!ウレタン交換で復活
フワフワにしたい場合は、ウレタンサイズをワンサイズ大きく
Gbun

見た目がフワフワのソファーの場合は、ウレタンのサイズに注意です。

注文したサイズ(参考まで)
  • 少し硬めのウレタンチップスポンジ:横60✕奥60✕高さ5センチ
  • 柔らかい高弾性ウレタンスポンジ:横60✕奥60✕高さ5センチ

Gbunの場合ちょっと小さかったので、スキャンティークのソファーの場合は、ウレタンスポンジのサイズは62✕62✕12センチくらいでいいと思います。ボリューム出すためには綿を使うのも良いと思います。

見た目のボリュームは減ったのですが、座り心地は抜群に良くなりました。長時間座ってもしっかり腰が支えられているので疲れないし、チークのフレームの底突き感もありません。

ソファーのへたり修理はDIYでOK!まとめ

ソファーの座面のウレタンがヘタってしまってきた場合、DIYでウレタン交換すればOKです。今回はスキャンティークのソファーでウレタン交換はとても簡単でした。取り外しできないタイプの座面でも、よく探すとファスナーがあったりするのでそこからウレタンの交換ができます。

DIYでウレタンスポンジ交換すれば、価格的にも業者に依頼したり買い替えたりするよりも安価に済ませることができます。さらに、自分の好みのウレタンスポンジを使うことができるので、座面の硬さや弾力性も自由に設定することができます。

Gbunはヘルニアになったことがあるのですが、柔らかすぎるソファーで腰に負担がかかってしまう場合にも、ウレタンスポンジの交換は有効です。

今回使ったのはコレ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる