ITパスポート試験とは?国家試験に合格するメリット

ITパスポートとは?

ITパスポート試験とは?国家試験に合格するメリット

更新日:

IT初心者ですが、独学でITパスポートに合格したGbunです。

この記事は、ITパスポート試験を初めて聞いた!という人向けに書いています。

ITパスポートを取ろうと思った理由や、資格を取るメリットをまとめています。

ITパスポート試験とは?IT系の国家試験

ITパスポート

ITパスポート試験ってご存知ですか?

Gbunは、たまたまネットで見つけて試験を受けました。

ITパスポート試験は情報処理技術者試験の一試験区分であり、「情報処理の促進に関する法律」に基づく国家試験です。
そう、なんと国家試験なんです!

国家試験のイメージは『その資格を持っていれば〇〇ができる』と思いがちですが、ITパスポートは、経営からITまでの知識を広く浅く持っています。と証明するものです。

iパスは、ITを利活用するすべての社会人・学生が備えておくべき、ITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。

ITは自分たちの社会の隅々まで深く浸透し、どのようなビジネスにおいてもITなくして成立しません。

○どのような業種・職種でも、ITと経営全般に関する総合的知識が不可欠です。
○事務系・技術系、文系・理系を問わず、ITの基礎知識を持ち合わせていなければ、企業の戦力にはなりえません。
○グローバル化、ITの高度化はますます加速し、「英語力」と共に、「IT力」を持った人材を企業は求めています。

ITパスポート公式HPより

ITパスポートを取得することで、一定の知識を有しているとアピールする材料になります。

ITパスポートの試験を受けようと思った理由

GbunがITパスポート試験を受けたのは、経営学とITの技術の知識を網羅的に身に着けたいと思ったからです。

大学で経営学は学びましたが、ITの知識はゼロ

IT用語はいろんなシチュエーションで一般的となっています。つまり、IT用語は知ってて当然となってきているのです。その都度調べてはいましたが、体系的に幅広く理解を深めたいと考えるようになりました。

ネットを見ていても、IT系の専門用語は普通の言葉として多く飛び交っています。何となく漠然とした解釈でなくちゃんと学びたいなとそれが資格の取得となれば、一生懸命勉強しますし、目標設定としてピッタリだったわけです。
自分の知識整理のために、ITパスポート試験を受けました。

ITパスポート試験を受けるメリット

 

ITパスポートの公式ホームページには以下のメリットが3つ述べられています。

メリット1 試験勉強を通じ、幅広い分野の基礎知識が取得可能!

iパスは、ITに関する知識にとどまらず、企業活動、経営戦略、会計や法務など、ITを活用する上で前提となる幅広い知識がバランス良く習得できる。

  • 情報セキュリティや情報モラルに関する知識が身に付きます
  • 企業コンプライアンス・法令遵守に貢献する正しい知識が身に付きます
  • 経営戦略、財務など、経営全般に関する基礎知識が身に付きます
  • 業務に必要なITの基礎知識が身に付きます

ITパスポートは、試験範囲がとても広いです。

試験範囲は、会社経営全般に関する事(ストラテジー系)/IT管理に関する事(マネジメント系)/ITの技術に関する事(テクノロジ系)と広く、満遍なく学ぶ必要があります。

ITパスポートの出題範囲を勉強することで、社会で必要な基礎的な知識を身に着けることができると思います。

Gbunは生物系の研究専門職に就いていたので、仕事を通して身に着けたITパスポート試験に役立つような知識はあまりなかったです。

大企業だと業務の縦割りがハッキリしているので、自分の仕事以外は知らないものです。つまり、勤めていても知らないことが多いのでITパスポート試験を受けることで、会社というものに対しての理解も深まります。

社会人にもおすすめしたい試験内容です。

メリット2 組織のIT力向上に!コンプライアンス強化に!

ビジネスにITを活用するためには、情報システム部門に限らず、情報システムを利用する側の社員一人ひとりにも、ITを理解し、活用するためのIT力が必要です。社員一人ひとりにIT力が備わることにより、会社全体のIT力が向上します。

  • ITを活用した業務効率化と、ビジネス拡大に
  • 組織のIT力向上と、コンプライアンス強化に
  • 多くの企業が社員研修・新入社員研修に活用しています

ITを活用したビジネスが増えていることは疑う余地ありません。

企業が社員の教育に有効ということで、ITパスポートを研修に取り入れています。

ITが今後ますます重要になってくるのが分かっているため、企業が社員のIT知識を強化するのは自然の流れです。ITの知識がないと、プレゼンや社内報告の内容が理解できないといったことが、今後ますます増えていくでしょう。

今は良くても『ITの知識が必要ない』という部署はどんどん減っていくと思います。

企業がITに力を入れるのは必然ですね。

メリット3 就職、進学等で役立つ国家試験

もはや、ITなくしてビジネスは成立しないため、企業もITに関する基礎知識を備えた人材を求めており、企業や省庁等の採用でiパスが活用されています。
また、大学では入試優遇制度や単位認定、対策講座などの取り組みが実施されています。 iパスは、個人のスキルアップと共に就職や進学で役立ちます。

  • 就職活動において、自らの知識を証明し、自己アピールに役立ちます
  • 企業や省庁などの採用で、iパスが活用されはじめています
  • 全国多数の大学でiパスが評価されています
  • 他の試験でも優遇されています

Gbunは、就職や進学でのメリットがあるようです。

社会人の立場での個人的な意見ですが、大企業に長くいた経験からすると、『ITパスポートの資格がある』ということだけでは、強みにならないんじゃないかとは思います。
ITパスポートを持っているから云々ということではなく、『自分は色んな事に興味をもって取り組み、どんどん向上しようとする人間性です!』というアピールが重要かと感じます。

『学び続け自己研磨する人間です!』という方が、企業にとって興味が湧く人材だと思います。ITパスポート試験がその1つの証明材料だとしたら、とても有効だと感じます。

資格を持っているというより、向上する姿勢がアピール材料になると思います。

まとめ

社会人のGbunにとっては、とても有意義な試験勉強となりました。

結果として合格できましたが、その過程で得た知識の方が価値があると思います。

ワケワカラン状態だったIT用語や、うろ覚えだった経営学の知識を整理できて良かったです!

ITパスポート試験の合格率と合格のボーダーラインを知ろう!

関連
ITパスポート試験の合格率と合格のボーダーラインを知ろう!

続きを見る

  • この記事を書いた人
Gbun

Gbun

IT経験なしの初心者でしたが、独学でITパスポート試験に合格しました。合格のためにやったことをご紹介します。

-ITパスポートとは?

Copyright© ITパスポートは独学で合格できる! , 2019 All Rights Reserved.