ITパスポート試験のCBT試験の申し込み方法

ITの知識ゼロから独学で、ITパスポートに1発合格したGbunです。

ITパスポート試験はインターネットで簡単に申し込みができ、もしも都合が悪くなった場合には試験日3日前までなら変更も可能です。

この記事では、ITパスポート試験の申し込みについてご紹介します。

目次

ITパスポート試験に申し込んでからが勝負!

ITパスポート試験は、受験申込した時から計画がスタートすると考えれば勉強しやすいです。逆算で試験対策スケジュールを立てます

1ケ月後に試験日を設定し申し込めば、1ケ月を4週間に分け学習内容を設定すれば分かりやすいです。

ITパスポート試験の申込方法

まず、IDを登録する作業があり、そのあとにITパスポート試験申し込みに進みます。

受験申し込みはこちら

利用者IDの登録

STEP
試験に向けた同意を行う

IDやパスワード、登録に用いるメールの取り扱いなどに関する『同意』を行います。

規約を読み、同意ボタンをクリックするだけでOKです。

STEP
仮登録登録をする

利用者IDとメールアドレスを入力し、仮登録をします。

STEP
本登録をする

確認メールが送付されるので、メールの指示に従い本登録をします。

Gbunのアイコン画像Gbun
IDやパスワードは、試験結果を見るのにも使うので忘れないようにしてください。

試験申し込みの流れ

ITパスポート試験はオンラインで受験の申し込みを行います。

試験申し込みの流れ
  1. 申し込み画面を表示する
  2. 希望の試験会場と日時を選択する
  3. アンケートに答える
  4. 支払い方法を決定する
  5. 受験票を印刷する
Gbunのアイコン画像Gbun
申し込みはとても簡単です。

ITパスポート試験の申し込み手順

STEP
申し込み画面の表示

試験関連メニューにある試験申し込みから、申し込み画面へ移動します。

STEP
試験会場と日時を選ぶ

希望する試験会場と日時を選択します。

STEP
アンケートに答える

ITパスポート試験では各種統計が取られています。申し込みのためアンケートに答えます。

STEP
支払いと申し込み

支払方法を選択します。

支払いはクレジットカード決済、バウチャー決済、コンビニ払いから選ぶことができます。

バウチャーは電子チケットらしいのですが、仕組みを見ると専門学校や通信教育のように1活で複数名申し込むような時に利用するような感じですので、お一人が独学で受験するなら、クレジットカード決済かコンビニ払いが一般的だと思います。

支払い完了と共に申し込みが成立します。

Gbunのアイコン画像Gbun
支払いが完了した時点で、申し込みが完了となります。
STEP
申し込み票を印刷する

申し込み票が受験票となるので、プリントアウトして試験を受ける日に持参します。

Gbunのアイコン画像Gbun

申し込み表は試験日に持参するので大切に保管してください。

ITパスポート試験のCBT試験の申し込み方法|まとめ

この記事では「ITパスポート試験のCBT試験の申し込み方法」について書きました。

試験の申し込みは早めにした方が良いです。試験会場の座席数は限られていますし、土日の申し込みは混みます。試験申し込み後も、仕事などで試験日の都合が悪くなった場合は受験日の3日前までなら変更ができます!CBT試験の良いところです。席が埋まってしまう前に、ご自身の勉強のペースに合った日程で受験を申し込みましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる