犬用ファーミネーター 猫用ファーミネーター

ファーミネーターのやりすぎには注意!使う頻度とトラブルの本当の原因について

ファーミネーターを犬で使った様子

抜け毛を効率的に取り除いて、毛玉や毛球症の予防に大活躍のファーミネーター。抜け毛対策には、とってもおすすめのアイテムです。

ただ、ファーミネーターについて”ハゲた”とか”皮膚がピンクになった”とか、ちょっと不安になる情報もあります。使い方のポイントと頻度についてご紹介します。さらに、じつはトラブルの本当の原因は使い方ではない場合も

詳しくファーミネーターのトラブルを避ける方法をチェックしましょう!

ファーミネーターのやりすぎには注意しよう!使い方が問題かも?

寝転ぶ猫

まず、基本的な使用方法として、やりすぎは禁物です。ファーミネーターだけでなく、スリッカーやコーム、シャンプーなど色々なケアでも同じです。

スリッカーやコーム、シャンプーもやりすぎはNG

人間でも同じです。例えば毎日3回1時間以上、髪をブラッシングすればどうなるでしょう?くしで地肌を傷める可能性もありますし、枝毛ができて毛髪が切れることもありますね。

スリッカーやコームをかけすぎると、皮膚や被毛を傷めてしまいます。ファーミネーターに限ってという話ではありません。

ラグちゃん
シャンプーもし過ぎると皮膚を傷めるよね。
shiroくん
ケアもやりすぎはよくねいね。ファーミネーターだけの話じゃないんだよ。

 

ファーミネーターのやりすぎは2通りある!長時間/高頻度

ファーミネーターとスリッカーやコームとの違いは、抜け毛と抜けかけたアンダーコートがとてもよく取れるという点です。ファーミネーターを使う時は、飼い主さんは抜け毛を減らそうと思っています。ですので抜け毛がたくさん取れると、ついつい”夢中”になってしまいがちなんです。

飼い主さんがファーミネーターに夢中になってしまうと、1回あたりの時間が長くなって、知らず知らずのうちに”やりすぎ”になってしまいます。

ケース1:夢中になって長時間使ってしまう

ラグちゃん
抜け毛が取れるのを、飼い主さんが楽しくなっちゃうのね。
shiroくん
夢中になると、知らない間に力が入ってることもあるしね。

 

また、ルーティンのように毎日使うのも”やりすぎ”になります。

抜け毛の多い換毛期には頻度を上げて使用しますが、そのほかの季節は頻度を下げるといった変化が必要です。

ファーミネーターはアンダーコートの抜け毛や抜けかけた被毛を取ります。被毛は毛周期で生え変わり、24時間でそれほど抜け毛の数は増えません。抜け毛がそれほどないのにファーミネーターを毎日使ってしまうと、皮膚や被毛にストレスを与えてしまう可能性があります。

ケース2:ルーティンとなっていて使用頻度が高い

shiroくん
必ずファーミネーターを毎日する!って決めちゃうとやりすぎになっちゃうね。
ラグちゃん
換毛期はたくさん抜けるけど、抜け毛の量って変化があるもんね。

 

やりすぎに注意!ファーミネーターを使う頻度は?

やりすぎに注意!ファーミネーターを使う頻度は?
ラグちゃん
じゃ、ファーミネーターの使う頻度はどれくらいがいいの?

犬の場合は、1~2回/週で、1回あたり小型犬で3~5分でOKです。中型や大型だと、もう少し時間はかかりますが、それでも通常のブラッシングよりはかなり短い時間の使用にとどめます。

猫はあまり長いブラッシングを好みませんから、1~2回/週で、1回あたり2~3分でOKです。短い時間で済ましてあげます。

 

1~2回/週:1回あたり2~3分でOK

換毛期は3日に1回程度にしたり、使用する時間を5~10分ほどに伸ばしてもOKです。ファーミネーターの公式サイトでは、1~2回/週の使用で10~20分程度とありますが、そこまで必要ないでしょう。

ファーミネーターを換毛期だけ使うのはおすすめしません。ファーミネーターは週1回くらいのペースで使い続けるのがベストです。ファーミネーターを短時間で定期的に使い続けることで、皮膚が少しずつ強くなります。頻度が少なく、長時間使うと皮膚を傷める原因になってしまいます。

shiroくん
ファーミネーターは週1回程度、2~3分でOKだよ。

毎日のケアに使うのはスリッカーやコームにしよう

ファーミネーターを毎日使うのはやりすぎですが、ブラッシングは毎日してあげたいです。

毎日のブラッシングには、ソフトタイプのスリッカーやコームがおすすめです。

毎日コームやスリッカーでブラッシングしていれば、ファーミネーターは1~2回/週の頻度で、1回2~3分で十分です。

コームやスリッカーを使ってのブラッシングは、できれば1日に2回朝夕行ってあげます。

ラグちゃん
毎日のブラッシングは、スリッカーやコームを使ってね。

 

ファーミネーターはダブルコートの子におすすめ

ファーミネーターを使って抜け毛を取った

ファーミネーターはダブルコートの子に使用します。ファーミネーターの刃は特別なもので、アンダーコートの抜け毛や抜けかけている被毛を取るような構造になっています。

シングルコートの子は明確なアンダーコートを持たないので、ファーミネーターは必要ありません

シングルコートの子にファーミネーターを使ってしまうと、取り去る毛がないので無理な力がかかってしまい、皮膚や被毛にダメージを与えてしまう場合もあります。

ダブルコートやシングルコートについて詳しい記事を用意しています。参考にしてください。

ペルシャ猫
猫の毛の生え変わりサイクル(毛周期)について|猫の毛の本数は?シングルコートは抜け毛が少ない⁈

続きを見る

犬の抜け毛の時期!換毛期とは?抜け毛が増える⁈犬はどうやって季節を感じているの?

続きを見る

shiroくん
ファーミネーターは、アンダーコートの抜け毛を取り去る構造なんだ。
ラグちゃん
フワフワのアンダーコートがない子は、ファーミネーターがいらないのね。

 

ファーミネーターのトラブル原因|偽物や類似品を使用している

ファーミネーター
ラグちゃん
偽物や類似品を使ってトラブルが多く起きてるわ。

ファーミネーターには模造品、つまり偽物や、類似品がとてもたくさんあります。トラブルの多くは、じつは正規品のファーミネーターを使っていない時に起きています

模造品は、ファーミネーターより価格が安いですよね?

これは、ファーミネーターにくらべて低コストで生産しており”質が悪い”からです。どの部分の質が一番悪いかというと、抜け毛取りのポイントである”刃”の部分になります。

刃の品質が悪いと…

  • 被毛に引っかかってしまう
  • まだ元気な被毛まで、引きちぎってしまう
  • 皮膚を傷めたり、ケガをしてしまう

ファーミネーターなら、抜けているアンダーコートや抜けかかっている被毛だけを除去するのですが、模造品はそれができません。

本物のファーミネーターよりも数千円安いのには理由があるんです。

大切なわんこや猫ちゃんには少し奮発しても、安心して使える”本物”のファーミネーターの購入をおすすめします。

ファーミネーターの偽物と本物の違いについては、専用記事で詳しくご紹介しています。

猫用ファーミネーターの偽物と本物の違いは?本物をダマされずに通販で手に入れる方法!

続きを見る

 

ファーミネーターは”正規代理店品”を選びましょう

本物のファーミネーターを使っていると思いながら、実際には模造品を使い続けている飼い主さんもいるんです。そうならないためには正規代理店品』を購入します

shiroくん
本物だと信じて、模造品を使ってしまっているケースもあるんだよ。

 

ファーミネーターの『並行輸入品』にも気を付けよう

並行輸入品を本物と思う方もいらっしゃいますが、並行輸入品は正規品の品質検査をクリアできないものあり、本当のファーミネーターの品質に及びません。並行輸入品にも注意してくださいね。細かい部分まで使いやすいです。

 

短毛種の猫用

長毛種の猫用

長毛種の小型犬用

短毛種の中型犬用

長毛種の中型犬用

20130609152018b0b

長毛種の大型犬用

ラグちゃん
一度購入すれば、買い替えが必要ないくらい。ずーっと使えるモノだから正規品を選んでね。

 

関連
ファーミネーター
抜け毛対策に効果的!ファーミネーターの使い方と注意点, 気になるデメリット

続きを見る

関連
茶色い猫
【猫の抜け毛対策】猫用ファーミネーターの種類/使い方/デメリット/注意点

続きを見る

関連
OPPO FurRemover(オッポ ファーリムーバー)|超おすすめ!カーペットやじゅうたんの猫や犬の抜け毛を取る
OPPO FurRemover(オッポ ファーリムーバー)|超おすすめ!カーペットやじゅうたんの猫や犬の抜け毛を取る!

続きを見る

  • この記事を書いた人

puu

小さい頃から動物と植物が大好き。 認定動物看護師の資格を活かし、役に立つ情報をご紹介します。ボーダーコリーのティファニー&M.ダックスのモカと暮らしています。

-犬用ファーミネーター, 猫用ファーミネーター
-, , ,

Copyright© わんこを優先しますが、何か? , 2019 All Rights Reserved.