ライフ

双極性障害って話

双極性障害に勇気を。

少し古い記事になるが、2012年にジョーンズ・ホプキンス大学のケイ・レッドフィールド・ジャミソン教授による研究報告がある。 それは、双極性障害を持つ人にみられる『気分障害』と『創造性』には深い関連性があるというもの。 quote----------------- "Genius and insanity may actually go together, according to scientists who found that mental illnesses like schizophrenia a ...

双極性障害って話

双極性障害の自覚症状:躁 - 私の場合

管理人は双極性障害に2008年になりました。そして1年地獄のような闘病を経て、もう薬を飲まなくても良いと診断されました。 ただし、眠れないときには薬を飲むよう言われています。   そんな躁うつ病を抑えることに成功した管理人の話を記事にすることで、何かのお役に立てれば嬉しいです。   以前、双極性障害は治るという記事を書きました。下記参照↓  じぶビジネす!双極性障害(躁うつ病)は治るから大丈夫双極性障害をご存知ですか?以前は『躁鬱病』と呼ばれてました。でも本当は日本人の10% ...

双極性障害って話

双極性障害(躁うつ病)は治るから大丈夫

双極性障害をご存知ですか? 以前は『躁鬱病』と呼ばれてました。 でも本当は日本人の10%の人がなるという『鬱』とは、全く違う病気なんです。   管理人は2008年に『躁鬱病』と診断されました。 それは悪夢のような1年の始まりでもありました。   当時のことは、また次の機会に記事にするとして、今回は『治るよ』ってことを発信したいと思います。 正確に言うと『抑え込める』という表現が正しいかもしれません。   躁鬱病は一生治らない webで自分の病気を調べて、そんな記事ばかりで愕然 ...

ライフ

あれこれ考えるのをやめてみる

アランの幸福論にこういうものがある。   ”あれこれ考えるのをやめる” - 管理人たちは感情から抜け出ることができる。しかしそれは、思考によってではなく、行動によって、である。 -   考え込んでも思考に囚われてしまい、余計に苦しくなってしまう。 身体を動かすことで、負の感情から脱出できるというもの。   どん底に落ちきってしまった時点では、これは通用しないけど、その手前だったり回復期だったら有効だと思う。 とくに自分の考え方に『負』の傾向があるなら、考えるのをやめて行動した ...

ライフ

【ヒトリゴト】2017年に挑戦したいこと

2017年に挑戦したいこと ①身体作り ・筋トレ ・ランニング ・水シャワー ②ブログの収益化 ・wordpressとはてなブログの比較 ・1円でも収益が出るようにする ・目標4ヶ月後には10万円 ③じぶんビジネス構築 ・地域社会の理解 ・自分の役割の発見   身体作りについて ■2016年12月からジムへ通い筋トレを開始。徐々に筋肉が付いてきている今日この頃。 1ヶ月半で2キロの体重増↑ 逆三角形に。 身体を引き締めようと思って始めたけど、ボクシングをガチでしていたこともあり、マッスルメモリー ...

移住・引っ越し

ワンコ連れで引っ越しをするということ-準備編-

ワンコ連れで引っ越しをするということ   ワンコ連れで、転勤した昨年と今年。 長距離移動をして引っ越しを地た時の教訓を書きたいと思います。   準備編 では、まずは、研究都市から『ど』田舎へ移動する時のことを書きます。 この移動は、『田舎への移住』とよばれるもので、茨城県から岡山の山奥への長距離引っ越しでした。 季節は3月中旬。 引っ越し業者への依頼 荷物の多い管理人は、繁忙期で目玉が飛び出るくらいの料金を大手の引っ越し業者に献上。 今までは転勤で会社の経費での移動だったので、自分で支 ...

移住・引っ越し

【経験談】引越し業者は三者三様

引っ越しの際、何を一番重要にするか? 今回は、引っ越しの業者さんにまつわる経験を書きます。 管理人はこの1年半で、3回の引っ越しをしました。 ちなみに引っ越し経験数は、成人してから数えてみたら…なんと11回!! 仕事の関係がほとんどですが、1年に1回くらいのペースです。 今回は直近の3つの引っ越しの話です。 引っ越しをお願いした業者さんは、全部違っています。 依頼した業者さんは、3社です。 ①大阪市→つくば市:勤め先の企業が用意した業者で、法人契約での引っ越し。(3月下旬)N社 ②つくば市→岡山県:個人で ...

移住・引っ越し

犬連れで古民家へ移住!憧れはありますか?現実は…ハウスダスト、カビ、毒虫…恐ろしい現実

古民家の暮らしの厳しさ 思い出話です。管理人は、古民家からは半年で脱出しました。 理由は、賃貸での古民家はあまりに暮らしにくかったからです。 購入すれば違うと思いますが、リノベをしていない古民家はヤバいです。   村への移住は借家不足!家について贅沢は言えない 『ど』田舎に仕事で引っ越したわけですが、家は『築100年の茅葺屋根』のお化け屋敷でした。 田舎の物件事情については、また別の機会にご紹介するとして、田舎には空き家はあれど貸家は少ない。小さい村だと余計。 教訓1 移住の家について贅沢は言え ...

移住・引っ越し

古民家に芸術を感じる

古民家は芸術品 以前、借りていた築100年の茅葺屋根の古民家には、今の住宅にはあまりない素晴らしい芸術ポイントがありました。 今回は芸術性を感じるポイントのご紹介です。 (一応、管理人は大昔に先生から美大を進められた経験があるので、ちょっとは芸術センスはあると思います(笑)) どのくらいかは分かりませんが、家の水回りだとか炉を埋めたり、天井付けたり土間をコンクリートにしたりといったの近代化するための改修が行われています。 それでも、改修には費用が掛かるからでしょう、昔の姿を残すところが多いです。 &nbs ...

Copyright© じぶビジネ! , 2019 All Rights Reserved.