ドライブレコーダー取り付け工賃|ディーラーかオートバックスどこが安い?

ドライブレコーダー取り付け

ドライブレコーダー取り付け工賃|ディーラーかオートバックスどこが安い?

ドライブレコーダーの取り付けをDIYでしない場合、専門業者に依頼して取り付けてもらいます。

ドライブレコーダーの価格は、日本製で前後カメラモデルとなると2~3万円します。そこに取り付け工賃が発生するので、なるべく安い工賃で取り付けたいものです。

Gbun
ドライブレコーダーの取り付け工賃はいくらなんでしょう?

ドライブレコーダーの取り付け工賃は、必要に感じる人が増えるにしたがって、値上げされている傾向にあります。この記事では、最近のドライブレコーダーの取り付け工賃の相場をご紹介します。

ドライブレコーダー取り付け工賃|オートバックスやイエローハット

ドライブレコーダーの取り付け工賃

量販店によって若干差はありますが、ドライブレコーダーの取り付け工賃の相場はだいたい決まっています。

オートバックスやイエローハットなど大手の量販店では、ドライブレコーダーを店舗で購入して取り付ける場合と、持ち込んで取り付けだけをお願いする場合で工賃が違います

結論から言うと、取り付けを依頼する店舗でドライブレコーダーを購入すれば、工賃が安くなります。持ち込みの場合は、工賃で儲ける必要がありますが、ドライブレコーダーをお店で買ってもらえればそれだけ売り上げが出るので、取り付け工賃も割安にできるわけです。

ドライブレコーダーを購入の場合

ドライブレコーダーを購入

ドライブレコーダーを店舗で購入して取り付けを依頼する場合の工賃は、ドライブレコーダーのカメラの数によっても差があります。

購入+取り付けの工賃

  • 前のみ:6000円程度
  • 前後カメラ:12,000~16,000円程度
  • 後ろのみ:12,000円~15,000円程度

ドライブレコーダーの取り付けが前だけの場合の工賃は、大体6,000円ほどです。ドライブレコーダーが前後カメラのタイプになると、12,000円~16,000円ほど工賃がかかります。後ろのみでも、前後カメラと同じくらい工賃が必要になります。

ドライブレコーダーは後ろにカメラを付ける場合、配線をパネル内などに隠して通すので手間がかかる作業になるので、工賃が高くなります。

Gbun
後ろの取り付けには時間がかかるので、工賃が高いのです。

 

バージョンアップの取り付け工賃

  • 前後カメラと電源隠し:14,000~20,000円程度
  • 前後カメラと駐車監視:21,000~25,000円程度

電源をシガーソケットからでなく、ヒューズボックスや分岐をして配線が見えなくなるようにしてもらうには、14,000~20,000円程度必要になります。

駐車監視の機能がある場合、配線を別途通す必要があるので21,000円~25,000円位工賃がかかります

Gbun
ドライブレコーダーの価格と同じくらい工賃がかかります。

 

ドライブレコーダー持ち込みの場合

ドライブレコーダーを持ち込んで取り付けてもらう場合は、工賃が高くなります。

持ち込み時の工賃

  • 持ち込み前後カメラ:28,000円~33,000円程度
Gbun
持ち込みでの取り付けの工賃は、値上げされました。

持ち込みで前後カメラタイプを取り付けてもらうと、28,000円~33,000円程度工賃がかかります。

ドライブレコーダーをインターネットなどで安く買って、お店に持ち込んでつけてもらうと考えている場合は、先に取り付けしてもらうお店に工賃を聞いておくのが良いです。割安でドライブレコーダーを買えても、工賃が高くなってしまうとトータルの支払いで損をしてしまう可能性があります。

 

ドライブレコーダー取り付け工賃|ディーラー

ディーラーでドライブレコーダーの取り付け

取り付け工賃

  • 前のみ:6000円~9,000円程度
  • 前後カメラ:12,000~17,000円程度

ドライブレコーダーの取り付けをディーラーに依頼する場合、持ち込みでも工賃が安いと言えます

ただ、車を購入したディーラーにお願いするのがポイントと言えます。ディーラーは、どちらかと言うとドライブレコーダーの取り付け作業を好んで行っていません。

某ディーラーの店長が言っていたのですが、純正以外のパーツ取り付けは、トラブルがあった場合も面倒ですし利益率が悪いのでやりたくないそうです。確かにディーラーは車の販売店であり、純正以外の用品を取り付けて、不具合でクレームを言われるても困るというのは理解できます。

車を購入したりオイル交換などで贔屓にしている場合、次の車の乗り換えにつながるので持ち込みの用品も取り付けしてくれます。車を購入した時の営業さんに連絡して予約するのが確実です。

 

ドライブレコーダー取り付け工賃|車種によっても違う

ドライブレコーダーの取り付け工賃は車種で違う

外車の場合、ドライブレコーダーの取り付けは日本車に比べ工賃が高くなります。これは車検やメンテナンスなど他の場合と同じです。

さらに注意したいのが、大きなワンボックスの場合です。ヴェルファイアなど大きなワンボックスカーは、付属する配線ではリアのカメラまで足りないことがあります。その場合、別途配線を追加で購入する必要があります。また大きいという事で配線を隠す手間が増えるのでドライブレコーダーの取り付けの工賃が割高の場合が多いです。

 

ドライブレコーダー取り付け工賃|ディーラーかオートバックスどこが安い?まとめ

この記事では「ドライブレコーダー取り付け工賃|ディーラーかオートバックスどこが安い?」について書きました。

ドライブレコーダーの取り付けの工賃は、量販店にお願いする場合はドライブレコーダーの購入とセットがお得です。持ち込みで量販店で取り付けだけを依頼すると、工賃が高くついてトータルの支出が増えてしまうこともあるので注意が必要です。

ディーラーと仲良くしているなら、ドライブレコーダー購入前に持ち込みで取り付けてくれるか&工賃を聞いてみましょう。取り付けしてもらえそうなら、ドライブレコーダーをネットの安いお店で購入して持ち込めばお得になります。

ドライブレコーダーの取り付けは、それほど難しくないのでDIYですることもできます。

関連
ドライブレコーダー取り付け方法|コムテック・ユピテル・セルスター4車種に取り付け

続きを見る

関連
おすすめドライブレコーダー3選|メリットとデメリットも知っておこう!

続きを見る

こちらの記事も読まれています

  • この記事を書いた人
Gbun

Gbun

なんでも自分で試行錯誤するのが好きです。車も家でもDIYします。 筋トレが趣味。動物看護師の資格も持つ愛犬家です。

-ドライブレコーダー取り付け

Copyright© GbunでDIY , 2019 All Rights Reserved.