ドライブレコーダー取り付け

ドライブレコーダーの選び方|6個購入して不具合なし!大事な4つのポイント

更新日:

ドライブレコーダーを4台の車に取り付けたGbunです。

家族や自分の車に、取り付けるのに6個のドライブレコーダーを購入しました。(前後モデルではないものは、単品で前後に取り付けています。)

現状3年目ですが、すべてのドライブレコーダーに不具合はありません!

Gbun
ドライブレコーダー選びにはこだわりがあります。

Gbunがドライブレコーダーを購入する時のポイントをご紹介します。

取り付けていますか?ドライブレコーダー

ドライブレコーダーは付けていますか?

今ものすごく売れているそうで、販売店やメーカーはドライブレコーダーが欠品になって入手しにくくなっています。

メーカーが増産体制に入っているので、もう少しすれば欠品状態は落ち着くと思います。

先日も大手のカー用品店へ出掛けた時、ファミリーがドライブレコーダーをお目当てに訪れていたようで、「値段の差は何?」と店員に聞いているのを見かけました。

Gbun
ちなみに、値段の差は「メーカー品か?機能や画質、GPSの有無など」があります。

一連の報道方法には疑問に思うところもありますが、ドライブレコーダーの認知度が高まって事故やトラブル防止につながるのは良いですね。

 

ドライブレコーダーを選ぶときのポイント4つ

もともとGbunの車にはpioneerのサイバーナビに搭載された簡易ドライブレコーダーが付いています。

あくまで簡易なので、事故の時にナビが壊れたりした時に何の保証もありません。そこで、正式なドライブレコーダーを導入することにしました。

Gbun
ドライブレコーダーとして、安心して使える点を重視しました。

押さえておくべきポイント

  • 日本製であること
  • 2万円以下であること
  • 昨年販売されたモデルであること
  • モニターが小さすぎないこと
Gbun
ドライブレコーダーを選ぶうえで特に重要視したことは4つです。

 

ドライブレコーダーの選び方|日本製である

安心の日本製のドライブレコーダーを選ぶ

まずはメーカー選びから入りました。

ドライブレコーダーが必要になる時は、なにかしらの緊急事態が発生している訳です。

その緊急事態に例えばドライブレコーダーが動いていなかった…なんてことは避けたいので信頼できる日本製に絞りました。

またドライブレコーダーの設置場所はフロントガラス付近と、直射日光や外気にさらされる過酷な場所です。そんな場所に設置しても壊れにくいといった点でも日本製は安心だと考えました。

Gbun
信頼できる日本製の物を探しました。

日本製にこだわりメーカーを探すと2社ヒット

  • コムテック
  • セルスター

コムテックとセルスターは日本に工場を持ち、コムテックはドライブレコーダーのパッケージに『日本製』と大きく打ち出しています。

ユピテルやケンウッド、カロッツェリア(pioneer)は日本のメーカーでも生産工場を海外に持っているため100%日本産かどうか?が分かりませんでした。

 

ドライブレコーダーの選び方|本体価格が2万円以下である

コムテックのドライブレコーダー

Gbunの車に取り付けて問題なければ、両親の車にも設置することを考えていました。

そうなると計4台の車に取り付けることになります。

本体価格があまりに高額だと4台に設置するのは、懐事情で厳しいので2万円以下と決めました。

 

メモ

本体価格の他に、自分で取り付けが難しい場合はカーショップなどで取り付け工賃が必要になります。

またシガーソケットから電源を取りたくない場合は、ヒューズからの電源取り出しや、バッテリーから直接取ったりと同封されている配線以外に別途配線の購入が必要となります。

 

ドライブレコーダーの選び方|昨年のモデルである

2万円以下だと選べるモデルの幅が決まってきます。

最新モデルだと機能が不十分か中国製のモノになってしまいます。

昨年モデルだと最新機種が出ている関係で、値段が下がっているのでお買い得です。

当然1年前のモデルになるので最新モデルには技術的に少し劣ります。しかし、最新モデルも来年には型落ちになります。

Gbun
昨年のモデルでも今から使うには十分だと考えました。

さらに昨年モデルは発表から1年近く経過しているため、口コミや製品の不良の情報やデータが出そろっています。購入前に色々な情報も集めることができます。

 

ドライブレコーダーの選び方|本体のモニターが小さすぎない

コムテックのドライブレコーダーの2.7インチモニター

調べてみるとモニターとカメラが一体になった一体式がほとんどです。

本体が大きいと設置したときに目立つため、小型になっているモデルもあります。

実際事故が起こってしまい事故の動画を確認したいときに、ノートパソコンを持っていることは限りなく少ないです。(パトカーや交番ならPCがあるかもしれませんが…)

ドライブレコーダーの画面上で、録画されたものを確認する場合もあるのではと考えました。画面上で動画を確認できることを考慮すると、ある程度の画面の大きさがあるモデルを選ぶのも重要なポイントです。

 

ドライブレコーダーの選び方|不具合なし!大事な4つのポイント まとめ

この記事では「ドライブレコーダーの選び方|6個購入して不具合なし!大事な4つのポイント」について書きました。

ドライブレコーダーは過酷な環境で使用するため、数年ごとに買い替える消耗品です。

お得に、安心して使えるドライブレコーダーを選びたいですね!

Gbun
Gbunが選ぶときのポイントは4つです。

押さえておくべきポイント

  • 日本製であること
  • 2万円以下であること
  • 昨年販売されたモデルであること
  • モニターが小さすぎないこと

Gbunが買ったのはコレ!

関連
【ドライブレコーダー取り付け まとめ】コムテック・ユピテル・セルスター|4車種に取り付けました!

続きを見る

関連
【レビュー】日本製で安心!なのに安いドライブレコーダー(コムテック)
【レビュー|コムテック HDR-102】日本製で安心!なのに安いドライブレコーダー

続きを見る

関連
【レビュー】GPS機能搭載の日本製ドライブレコーダー
【レビュー|コムテックHDR-202G】GPS機能搭載の日本製ドライブレコーダー

続きを見る

関連
セルスター CSD-790FHGを購入
【レビュー|セルスター CSD-790FHG】前後録画できる”日本製”ドライブレコーダー

続きを見る

こちらの記事も読まれています

  • この記事を書いた人
Gbun

Gbun

なんでも自分で試行錯誤するのが好きです。車も家でもDIYします。 筋トレが趣味。動物看護師の資格も持つ愛犬家です。

-ドライブレコーダー取り付け

Copyright© Gbunで , 2019 All Rights Reserved.