筋力トレーニング

食後30分後筋トレ!血糖値が気になる女性の筋トレをしてダイエットする方法

更新日:

血糖値を注意されてしまったら…

血糖値が高くて健康診断で注意された時に、役立つ筋トレの方法をご紹介します。

もちろんダイエットにもなります。

 

管理人の母が実際に行って、58キロ→52キロまでダイエットして、さらに血糖値も正常範囲内に入り薬も飲まなくてよくなった方法です。

 

血糖値について知ろう

血糖値は食後30分後に一番上昇します。

これを逆に利用し、血糖値を下げダイエットをします。

 

血糖値を下げる筋トレ方法

方法はいたってシンプルです。食事を終えて30分後から30分間筋トレをします

大切なルールは、毎食後1日3回行うこと。

食事終了時に時計を確認し、30分後に筋トレを開始します。

30分の筋トレが終わると、血糖値は急激に上がることなく済むんです。

 

筋トレの内容としては、500ミリリットルのペットボトルに水を入れて、ダンベル代わりにしてダンベル体操

スクワット腹筋といった自重を用いた筋トレでOKです。

ただし楽な状態ではダメです。汗をしっかりかくくらい行いましょう

 

ウォーキングやランニングに置き換えてもOKです。

ウォーキングの場合はダラダラ歩くのではなく、汗が出るくらい速足で30分以上歩きましょう

ランニングの場合も最低30分は走ります

 

血糖値を上げずに使ってしまえば、ダイエットできます。

食後30分後から30分間、運動をすれば痩せます。

 

まとめ

食後30分後から30分間の筋トレで、血糖値を下げダイエットを行えます。

1日3回の筋トレは少し大変ですが、血糖値の薬をずっと飲むことを考えれば健康的でメリットは大きいです。

ダイエット効果も高いので、血糖値は気にならなくても、太ってきたなーと思う方は試してみてくださいね。

-筋力トレーニング
-,

Copyright© じぶビジネ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.