資格

役立つ情報!ITパスポートの試験日は変更や延期も可能

更新日:

ITパスポートの試験日についての役に立つ情報

管理人
IT初心者の管理人です。独学で4月に試験に合格できました!今回は試験日についての情報です。

 

ITパスポート試験を受けようと考えている方に役立つ情報として、試験日が変更できることや、その変更のルールについてご紹介します。

 

 

ITパスポート試験日の頻度って?

ITパスポート試験の試験日は、年に数回という低頻度ではなく、月に数回行われます

試験時間も試験会場によっては1日に3度ほど行う所もあり、午前、昼頃、夕方の好きな時間帯から選ぶこともできたりします。

 

月に何度あるのか?何曜日にあるのか?何時ごろにあるのか?という点について、ご自身の地域の試験場の情報をあらかじめ調べておくと良いと思います。

 

試験日の都合が悪くなったらどうする?

ITパスポートのCBT試験は、簡単にインターネットで試験日の変更ができます

急な用事や、もう少し勉強したい場合などにも非常に便利です。

 

試験会場や試験時間の変更のルールについて

 

試験日の3日前まで変更できる

試験日の都合が悪くなってしまった場合は、試験の3日前までなら何度でも変更ができます

 

変更できる期間が決まっている

新たに試験日に選ぶことができるのは、クレジットやコンビニ決済が終了している場合は、変更日の3日後から3ヶ月後の同じ日程の試験までと決まっています。

また、決済がまだの場合は変更日の5日後から3ヶ月後の同じ日程の試験までとなっています。

 

決済が完了しているか否かで、試験の変更日の選べる範囲が違ってきます。支払っていれば変更日3日後から指定可能ですが支払っていなければ5日後からなので注意してください。

 

試験2日前の申し込みは変更できないので注意

試験日2日前から試験日当日、および2日後までに実施する試験に申込んだ場合は申込み時点から試験日の変更はできないので注意が必要です。

試験日2日前に申し込んだ試験の変更をすることはできません

逆に考えると、3日前まで試験日や時間の変更の融通が利くので、とても受けやすい資格試験と言えると思います。

 

申し込みの延期は最大1年

何度も申し込みを変更し、試験を延期することはできますが限度があります。

最初の試験申し込みをした日から1年となっています。

仮に2017年4月15日に申し込んでいたのならば、2018年4月15日が選択できる最後の試験日となります。

 

そこまで延期することは稀だと思いますが、1年猶予があるということは覚えておきたいですね。

 

まとめ

ITパスポート試験は受験日の変更ができます。

都合が悪くなった場合や、もう少し試験勉強が試合場合などは試験3日前までにインターネットで変更しましょう。

希望する試験日の受験者数が、満員になってしまう前に『とりあえず申し込む』というのもアリだと思います。

最大1年も延期を繰り返すことができるほど、融通が利く試験の仕組みになっています。

試験勉強をするには集中した方が良いと思いますので、ダラダラと延期をしてしまうのはあまりお勧めしませんが、1年も猶予があれば安心ですね。

 

 

 

 

-資格
-, ,

Copyright© じぶビジネ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.