独立・個人事業主

初の確定申告を終了しましたー!

更新日:

サラリーマンを辞めて思うこと

ども、じぶんビジネス及びじぶんプロデュース模索中のa-nsmtです。

うん、早い話路頭に迷い中かも。

挫けず生きます。

 

先週、確定申告をはじめて自分でしました。

 

 

そうすると気が付いたのですが、会社員は税金取られ過ぎですよ。

サラリーマンって楽な部分もあります。

自分で確定申告しなくていいとか、会社自体が自分の資産でないので、

倒産したって何の責任も負いません。

でも、給料から天引きされている税金ってすごい額ですよ。

 

確定申告すると、色んな控除やら経費やらで、会社員時代の税金が返ってくることになりました。

 

会社員でもトップの一部高給取り以外は、みんな働きアリなんですよね。

とくに私がいたような大企業では、エリートと一般ピーポーの差は金銭的にも待遇的にも激しかったです。

ウン千万もらうのと、数百万の違いはデカいです。

 

ま、私のように飛び出してしまえば、数百万も夢のまた夢で(笑)

無一文なんですけど。

 

それでも、今は楽しいです。

 

大企業の研究者から、

『生物と筋トレを愛する経営学を学ぶバカ。』

それが今の私の肩書ですかねー。

 

ここから、なんとか頑張っていきたいです。

 

 

あ、このブログ、愚痴ブログにしようかな。

普段誰にも愚痴を言わないし、言う機会もない。

なので、皆さんに聞いていただく・・・みたいな。

 

 

確定申告に使ったのはこの本

私の場合、会社を年の途中で辞めている。

年の途中から不動産収入がある。

ということで、ちょっと複雑?でした。

 

この本買ったけど、あんまり役に立たなかった。

自分が必要なページはほんの数ページ。

その他の余分なものが多い代わりに、自分の該当箇所の情報が薄いイメージ。

万人向けなので仕方ないけど、それならネットでの申請画面に沿ってインターネットで調べまくって入力した方が、お得な情報も多い。

あ、これって経費に入れるんだ。とか、仕分けの名称とかね。

 

なにより、確定申告って使われている言葉が難しい。

慣れだとは思うけど、1年に1回のイベントでは慣れやしないと思う。

 

研究者ってその道を外れるとあんまり役に立たない

 

経理とか総務とか法務だと、なんとなく仕事が実生活にも役立ちそう。

研究者はジャンルにもよると思うけど、実生活の勝つための知識ってない。

「この化合物が…」なんて、普通に生活していて役立つ場面に出会ったことない。

 

なんか、特技が欲しいな。

 

 

 

 

-独立・個人事業主
-,

Copyright© じぶビジネ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.