独立・個人事業主

【ヒトリゴト】ハローワークで出会ったアサマシイ人 …そして天罰下る

更新日:

まっ、カテゴライズしにくいジブンですw

 

ハローワークという特殊な空間

今回は、ハローワークという特殊な空間の話です。

 

現在、私は人生初のハローワークで失業保険を受け取るべく活動しています。

長くサラリーレディをして納めていたほんの一部を無職となった今、受給していただく(取り換えす)べく待期期間を過ごしています。

 

間もなく初回の給付を受けられます!!ヤッタ♪

 

ハローワークってすごく特殊な空間なんですよね。

行ってみて初めて思いました。

 

詐欺・窃盗が身近?!

初回講習会というのを受けるのですが、そこで職員の方が口酸っぱく言われていることは…

■不正受給しないこと

虚偽の申請で絶対お金を貰ってはいけません。罰金措置もあるからね。とそれの繰り返し。

30分ほど刷り込まれます。

この講習会で『そういう人もいるのね。』という現実を知る。

そしていかにもダルそうに参加している「かったりぃーゼ!」と言い出しそうな若い人が多い。

 

色んな用紙をカウンターに設置された鉛筆で記入していると、誤記をしてしまい消しゴムを探すもない。あいにく持ち合わせていなかったので受付に借りに行くと…

「消しゴムを置くと、取られちゃうんです」とな。

 

鉛筆より消しゴムの方が高いから取られるらしい。

シャープペンやボールペンも設置できないとのこと。

トイレのティッシュペーパーなどの備品も、すべてハローワークのスタンプが押されていた。

『マジかぁ・・・』心の中で何度も同じ言葉がでる。

 

ここに通うのかぁ。疲れるなぁ。これが本心だった。

 

職員さんも疲れている

窓口で最初の相談をしたときは、私より少し年上の女の人が担当だった。

私の経歴を見て起業を勧めてきたw  もちろん、求人情報も用意してくれた。

「ここに来る人は、みんなやる気がないんです。働き口が見つかってもすぐ辞めたり。努力をしようとしないんです。a-nsmtさんみたいに前向きに取り組む方は珍しいです。」

気が付くと15分くらい、その担当者の方の愚痴というか…日頃の思いの丈を聞いていた。どっちが相談者みたいな状態??

最後に「ありがとうございました!」と言われた。きっと本来は私のセリフ。

私は「いえ、こちらこそ。」と答えたw

 

ここで働く人も疲れてるんだなと、ハローワークを取り巻く『不』の力を感じた。

 

 

アサマシイオジサン=アサジサン出没!

そして、今日。

出会ったアサマシイオジサン。=アサジサンって命名しよう!

 

ハローワークの駐車場は右折入場禁止。なので遠回りして左折で入場する。

ハローワークの駐車場はいつも混雑していて、道路の左に寄せて停車して出庫を待つ。

駐車場にはシニアの係員が3~4人いて、その方が誘導してくれる仕組み。

 

アサジサンは、私が待っているにもかかわらず対向車線から右折入場した!!

結構なスピードで。

でも、私は知ってたんだ。

満車だから駐車場の係のじっちゃんが、駐車場の入り口に車が入ってこないように、"工事現場にある赤いコーンを置いていたことを"。

アサジサンは何としても私より先に入りたい!と思う気持ちが強く、私に意識が散っていて目の前のコーンに気が付かづ正面から突っ込んだw

 

f:id:a_nsmt:20170110172010j:plain

 

スピードが出てたから、コーンは経トラの下に『ゴゴッ!』という音と共に巻き込まれた。

罰が当たったんだよ。

 

慌てて駆け寄る係のじっちゃん。

バックさせて、赤いコーンを引き抜いて、「中から回って、あの黒い車の後ろに付けて待って。」と。

 

あの黒い車=私の車w

 

アサジサンは私の後ろに並びましたとさ。めでたしめでたし!

-独立・個人事業主
-,

Copyright© じぶビジネ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.