できごと

【ヒトリゴト】迷子犬を保護して考えたコト

更新日:

犬を飼うというコト

昨日、ちょっと遠いところまで出かけようとした際に、車で駅に向かう途中で迷子の犬を発見しました。

白い大きめのポメラニアンの様。

ゴミ捨て場をウロウロしており、車を停めました。

車から降りて近づくと、警戒している様子でした。

 

一応、動物看護士の資格も持つので扱いは慣れている、とはいえ動物に"絶対"はないです。

「大丈夫」と声をかけながら咬まれないように、手を伸ばし警戒を解いていきました。

 

迷子犬は全身がオナモミという、引っ付く草の実が付き、被毛はフェルト状に。

オシッコと獣臭が強烈。

それに瘦せ細っていました。

首輪はしていたものの、ナイロン製で被毛がフェルト状に絡みついていました。

爪は伸び、足回りの毛もとても長い状態。

 

かなり長い間、迷子になっている?もしくは飼育放棄状態が続いている?と感じました。

 

うちでは、すでに2頭犬がいるので、賃貸という事もあり規約でもう飼えない。

 

待ち合わせしていた友達に遅れる旨を連絡し、警察署へ連れていくことにしました。

抱っこも、車も耐えて、とても良い子。

 

警察署で、ハサミを借りてフェルト状になった毛や、オナモミ(棘が体に食い込んでいる)モノを除去してあげました。

警察官の方曰く「署で3日間預かり、その後は保健所へ行きます。飼ってあげられませんか?」と。

迷子の届出はないそう。

 

迷子犬は、白内障も歯石もひどくなく、恐らく5歳くらい。

学生時代に保健所を見学し、犬の殺処分を学んだ経験もあり・・・頭がクラクラしそうな感覚になりました。

とりあえず、酷く飢えていそうだったので、警察官の方に許可をもらい近くのコンビニでワンコの缶詰のフードを調達。

与えてみると、今まで缶詰を食べたことないのか、戸惑う様子。

きっとカリカリのしか貰ってなかった。

一口食べると、もの凄い勢いで全てを食べて、お座りをして物乞いをした。

1缶与えて、一気に食べ過ぎると下痢をするので、そこでおしまい。

水は与えても一切欲しがらなかった。雨水で飢えをしのいでいたのかもしれない。

その子は、恐らくフィラリア症を患っている。時折、咳をした。

 

後ろ髪をひかれながらも、迷子犬を警察署へ預けた。

出かけた訳だが、楽しくない。…楽しくない。

管理人は警察署へ電話した。

「明日の朝、迎えに行きます」

そして、お世話になっている動物病院にも連絡し、健康診断等の予約した。

飼うことは出来なくとも、新しい良い飼い主さんは見つけられる。

しかも、結構動物愛護のツテはある。

一次預かりなら、3頭居てもいいだろう。なんとかなる!

 

 

…数時間後、警察署から電話があった。

『飼い主が見つかったので、引き取ってもらった。』と。

どこの、どんな飼い主かも分からない。

安堵する自分と、疑う自分がいました。

 

警察官のお話では、

年末年始、犬だけを置いて一週間分のエサと水だけ設置し、出かける飼い主が多いのだとか。

若い家族は旅行や帰省。お年寄りはケアサービス施設へ。

信じられない。

帰って犬がいないことに気付き、届出をだすとか。

 

犬を家族と思い過ごす人と、犬をペットとして扱う人の差を感じた。

 

年始から、悶々とした気持ちになりました。

 

犬は飼い主次第で、幸せのほとんどが決まる。後のほんの少しは持って生まれた性格。

多くの犬が幸せで居てほしい。

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

犬の病気が狂犬病だけと思っている人が多いことにも驚く。

フィラリアもノミ/ダニも薬を与えて予防してください。

混合ワクチンも必ず。とくに田舎だったり水辺の近くの子にはレプトスピラも含まれる5種以上を。

川などで水遊びする子も。

狂犬病のワクチンは法令で決まっているだけのものですよ。

 

 

-できごと
-

Copyright© じぶビジネ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.