独立

私が会社を辞めた理由:自己防衛編

更新日:

管理人が会社を辞めた理由:前向き編を以前書きました。

今回は、そうではない方の記事です(笑)

 

ベンチャー企業を辞めた理由はブラックだから

ブラック企業、最近よく耳にする言葉です。

管理人が辞めた理由は、自己防衛。

 

理由は下記のとおりです。

①週90時間の労働時間
②2ヶ月休日なし
③労働内容は肉体的負担が多い
④一人ですべてしなければならなかった

 

事業責任者という聞こえはいい言葉ですが、実態は管理人一人に新規事業である養殖をさせるというものでした。

管理する水槽は20トン水槽が2つと、2トンが2つ。

朝の4時に起床し、5時から餌をやり20時近くまで一人で作業していました。

 

それで、自律神経を壊しましてぶっ倒れて、病院で点滴を受けました。

その時初めて2ヶ月ぶりに、仕事を3日間休ませてもらいました。

社長に改善を願っても、魚の売り上げと人件費との兼ね合いの話ばかり。

 

同時にいくつもの事業をた立上げる方式だったその会社は、社長以下ほかのメンバーは管理人の仕事には加勢する気はなし。

 

これは、いかんな。と。

自分の寿命をすり減らして仕事して、何になるのだろう?と思いました。

どうせすり減らすなら、お世話になった前の会社の方が良いわと(笑)

 

イライラが止まらなくなり、自己免疫力が落ち、熱が出る。

それでも週80時間労働。←少し、倒れてから減りましたが。

休日は月に2回あるかないか。

 

これは、いかんな。と思い始めていた時に、社長の提案がありました。

"飼育の質を下げたら?餌の頻度を減らしたら?"というもの。

 

飼育の質を下げるという事は、病気の魚が出る可能性が高まります。

そうなると、それを食べるのは消費者です。何も知らない消費者。

残念ながら増員するのではなく、品質を下げる提案をしてきた社長に、がっかりしました。

そして反論しましたが、"君の健康を考えてだな"という、あたかも管理人のための言葉を聞いたときに、ダメだと気が付きました。

 

起業のための勉強

もともと大企業を辞め、起業のための勉強をするためベンチャーに移った管理人。

国内で養殖技術が確立できていない魚種の技術確立を、一人でやりました。

それは命を削って。

 

ずっと無かった白髪が、いきなり目立つようになりました(苦笑)

夜も眠れない、肉体の疲れは取れない。

これでも、格闘技をやっていた体力のある方です。

それでも管理人は壊れていきました。

 

病院で、製薬会社に勤めていたのでしたら分かると思いますが・・・過労ですよ。

休む以外に良くはなりません。点滴は一時しのぎです。

と、先生が申し訳なさそうに言いました。

 

起業する前にくたばるわけにはいかん

実は家にも問題がありました。

100年近く前に建てられた茅葺の古民家を、社宅として紹介され住んでいたわけですが・・・。

家の中は夏場で40度を超え。冬場は氷点下。

ムカデなどは毎日のように靴の中に忍び込み、トイレは土間の向こうにあったため靴を履かないといけないので、

夜中にトイレに行きたくなると大変。

まず虫のチェックです。

 

飼い犬の1頭のボーダーコリーは熱中症になってしまい、嘔吐が止まらず・・・。

しかたなくワンコは実家に預けました。

土壁が古く、クーラー2台も持っていましたが付けられませんでした。

 

管理人、消耗してる。

 

そう気が付いて、会社を辞めることにしました。

 

けじめ

当初の目標であった事業立ち上げは上手くいき、魚は蒲焼になり製品化へ。

ここまで、できればもういいな。と。

途中でホッぽりだすのではなく、軌道に乗せたことで決着が付きました。

後継者にも引き継ぎをしました。

 

振返ってみると

管理人の場合は、コンプライアンスや労組、福利厚生に恵まれた会社に新卒で入りました。

だからこそ、労働条件の悪さや、社長の考えが受け入れられなかった。

どんな小さな会社もステークホルダーが存在します。コンプライアンスが発生します。

 

そういう考えが無かったら、過労死するまで管理人は働いていたと思います。

管理人が"魚の命を預かっている"という使命感で。

いずれ食材になるけれど、生きている間は元気にいてほしい。

その元気な魚だからこそ、消費者の皆さんの健康を支えられる。そう思っていました。

 

でも、ふたを開けると金・カネ・かね。

これもいい勉強と今は捉えています。

  • この記事を書いた人

Gbun

大手企業で会社員をしながら、ボクサーをしていました。 ボクサーを引退したあと、会社を辞めて夢だった語学留学をしました。 帰国後、ご縁があり同じ企業に再就職。働きながら社会人大学生として経営学を学びました。 犬好きのアウトドア派です。

-独立
-,

Copyright© じぶビジネ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.