スキルアップ

社会人大学生として学ぶ

更新日:

会社員が社会人大学生として学ぶ話

管理人は大手製薬会社で創薬研究に携わる、ごく普通の会社員をしていました。

ブラック企業でもなく、過重労働はありません。

もちろん残業や早出はありますが一般的なフルタイム労働で、休日出勤が月に1~2回ある感じでした。

会社の経営状況も悪くなく、ぬくぬくした恵まれた環境で働いていました。

 

大企業はもはや安泰ではない

しかしある日、気が付いたのです。

10年ほど前の入社当時とは、何かが違ってきたことを。

創薬は昔は10年に1本と言われていましたが、今は30年に1本出れば良いとも言われています。

ながらく自社製品が出ず、M&Aに頼っている状態。

 

経営方針が徐々に変化を見せました。

ジャブジャブと使えていた研究開発費の稟議が厳しくなりました。

早期退職制度というものを実施し、社員の3割を削減。

追加人員は派遣社員。

人件費の削減で、業務委託化も開始。

試験の一部は外注化。

 

大企業が社員を守ってくれる時代は、終わったんだと感じました。

優秀ではないと、生き残れない。

そして、自分のやりたいことを社内でやるには経営陣の理解が必須

しかし自分は研究しかしたことない、いわば通じる言語を持たない人種・・・。

では、経営陣と共通言語である"経営学"を学ぼうと思い奮起したのです。

 

どうやって学ぶ?

フルタイムで働いていましたし、会社にもバレずに学習したいと考えました。

色々と資料を取り寄せ調べてみると、今の世の中は便利でネットで勉強できる大学がありました。

ネットで勉強できるとはいえ、身にならなければ意味がありません。

それに、続けられるか?という疑問もありました。

その疑問をぶつけるため、タイミングよく入学説明会が予定されていたので、さっそく申し込み参加することにしました。

 

インターネットの大学とは

孤独というイメージと、怪しいというイメージがありました。

しかし、入学説明会時に模擬講義があり、すべての疑問が打ち消されました。

どのように学ぶのか?どのような人が学んでいるのか?どのようなことを学んでいるのか?

インターネットを用いた講義は、孤独な学習でなく、むしろどの時間でも熱い議論ができます。

そして、医師や看護師、経営者や新卒の大学生、海外のビジネスマンも同級生です。

ジェンダーや年齢を超え、地域や国を超え、学べる環境に興奮しました。

講師陣も日本を代表する現役ビジネスマンに、その道のエキスパートの先生ばかり。

 

熱くなった管理人は、さっそく科目履修生といった3科目だけお試しで受講する生徒になりました。
(春と秋の本科生の入学時期ではなかったので、科目履修生といった仕組みがありました。)

 

本科生に入学する

科目履修生を3ヶ月間終え、管理人は本科生に進むことにしました。

それだけ、3ヶ月間が濃いものだったからです。

編入制度は利用せず、1年生からみっちり4年学ぶことにしました。

それは、科目生で上級生と学ぶ場面もあったのですが、自分の力不足を感じたからです。

今に見てろよ。と思いました(笑)

 

日々のタイムスケジュール

管理人は2匹ワンコを飼っていまして、マンションに一人暮らし。(途中から、従妹1人に部屋を貸してルームシェア)

仕事でも学会出張があったりと、タイトだと思っていたのですが、大学に入り自分がどれだけ時間を無駄にしていたか分かりました。

これが、管理人のタイムスケジュールです。

だいたい、毎日こんな感じで勉強しています。

学会への出張が入ったり、プレゼンのために残業が続いたりすることもあります。

逆に、大学の講義が多かったり、試験前で睡眠時間を削ってレポートを書いたりということもあります。

 

周囲は、よくそんなに勉強するなぁ…とか、えらいなぁ・・・とか言いますが、楽しいのです。

今まで趣味は、ボクシングやアウトドアでしたが、勉強も楽しいと。

 

テレビを見たり、通勤電車でスマホを見ていた時間を勉強に充てている。

それだけで、頭の中が爽快になります。

そこへクラスメイトとネット上で議論。

Skypeで実際に顔を合わせて意見交換したり、YouTubeで持論の動画を取って教授に送付し、それが最終試験だったり。

今までの製薬会社員だけだったら、出会わなかったであろう経験と人々に刺激を受ける毎日です。

 

実際どれくらい勉強時間がいるのか

管理人の場合は勉強好き&4年で卒業するという目標で取り組んでいます。

それに、できるだけ多くのことを学ぼうと、卒業要件よりもたくさん単位を取っています。

ですので、普通はこれ以上に勉強する必要はありません。(苦笑)

8年でゆっくり卒業を目指す方もいらっしゃいますし、仕事や他にやりたいことがあり、休学される方もいます。

 

スタプラというアプリをご存知でしょうか?

スマホで勉強の記録を取れるのですが、その記録がこちらです。

7~8月は科目履修生で3科目だけ受けていました。

9月は何もなかったので、自分で読書など自習をしていました。

10月から本科生として入学し大学生として勉強が始まりました。

月100時間弱ですね。

色は教科を表しており、本科生に入学してから様々なことを学んでいるのが分かります。

 

これはあくまで、管理人が単位をたくさん取るからで、本来はもっとスローペースでもOKです。

 

社会人大学生の心構え

インターネットで勉強する場合も、通信教育もそうだと思いますが、やはり意思は大切です。

何故勉強しているのか?という自問自答を常に繰り返す必要があると思います。

管理人の場合は、『経営陣との共通語を手に入れ、会社内で自己実現するため』でした。(後に起業する!に目標が変わりましたが…)

 

ネットで学ぶということは、自主的に参加する必要があります。

目標がしっかりしていないと、挫けることもあるでしょう。

ただ単に学位が欲しいと入学された方は、続かなかったり…授業も単位が欲しいだけといった参加具合になり、勿体ない状態です。

せっかく学ぶと決めたのなら、学び倒す気持ちで臨まなければ、お金がもったいないです。

 

管理人は卒業が見えてきました。

大学院に進みMBAを取るのも良いかもと考えています。

肩書が欲しいからではなく、学びが終わるのが嫌だから(笑)

もっと崇高なクラスメイトと切磋琢磨し、自分の次元を上げたいからです。

 

正直、シンドイ時もあります。

風邪ひいて、仕事も上手くいかなくて、なんて時もあります。

でも1年前、2年前の管理人より、今の管理人の方が頭良いんです。

管理人はもっと頭の使い方を練習して、賢い人間になりたいのです。

たぶん大器晩成型、老人になる前位に成功を収めます(笑)

 

まとめ

・社会人大学生は、色んな出会いがあり楽しい。

・ネットで講義を受けることで、いつでも勉強ができる。

・挫けそうでも成長した自分に出会えることで、モチベーションが上がる。

 

いかがですか、社会人大学生したくなりました?

不安があったり相談があれば、問い合わせていただいて構いません。

大学でメンターもしていましたので(笑)

学ぶ仲間が増えると嬉しいです。一緒に学びましょう!!

スタプラのお友達登録も歓迎です。

 

 

  • この記事を書いた人

Gbun

大手企業で会社員をしながら、ボクサーをしていました。 ボクサーを引退したあと、会社を辞めて夢だった語学留学をしました。 帰国後、ご縁があり同じ企業に再就職。働きながら社会人大学生として経営学を学びました。 犬好きのアウトドア派です。

-スキルアップ
-, ,

Copyright© じぶビジネ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.