ペット

ボーダーコリーのティファニー

更新日:

我が家の大事な家族である、ワンズの紹介をしたいと思います。

我が家には2匹ワンコがいます。

◆ティファニー: ボーダーコリー (2012年2月23日生まれ)
◆モカ:M.ダックスフンド(2012年11月11日生まれ)

お誕生日も近く、姉妹として仲良しです。

今回は、お姉ちゃんワンコのティファニーとの出会いをご紹介します。

大阪市の分譲マンション(当時新築の持家)に住んでいた2012年9月の時の話です。
大阪市のとあるペットショップに、何気なく行ったことが運命の出会いでした。

ペットショップに着くとたくさんの仔犬や子猫がいました。
その中に普段は目にした事がなかったボーダーコリーが居ました。
アクリルのショーケースに容れられた7ヶ月になる大きな子と、サークルに入った小さな仔犬2匹。
何気なしに近くにいた店員さんに「このボーダーコリーって抱っこできますか?」と聞いてみました。
管理人のマンションでは一応『抱えられるペット2匹までOK』となっており、ボーダーコリーにどこか憧れがありました。

今後本当にボーダーを飼うとなったら。。。とイメージしようと思ったのです!
「はい、出来ますよ!この子は特に小さいんで、出してみましょうか?」
そう店員さんに言われ、実際にショーケースから7ヶ月のボーダーを出してもらいました。

その子はいわゆる『売れ残り』の小柄な女の子。
人が好きで大人しい子でした。でもどこか寂しそうで諦めてるような、撫でて欲しいのに目を合わせない。。。
「仔犬のボーダーを見に来たお客さんが、大きくなるとどうなるか?ってのでよくこの子を出してくれって言うんです。この子が目当てじゃなくて。。。」
そう店員さんは話した。
『そうか。。。だから。目の前で他の子は新しい飼い主さんに幸せに引き取られるのに、自分はいつもそうじゃなかったから』

不思議とそのボーダーコリーは仕草や目の表情などが、管理人の従姉妹に似たところがありました。
本当に不思議な体験でした。

相手をしてくれた店員さんは飼育の長の人で、牧羊犬が大好きな人でした
閉店になるまで2時間近くお話をさせてもらい、
最後には管理人達は、「明日まで考えさせて下さい。」と言いました…。
見に行っただけなのに…飼う気が湧いてるんです。。いや、湧いてしまったというか。

本気で一晩寝ずに明け方まで考えました。

生き物だから慎重にならなきゃ。
本当に15年くらい面倒みれるのか?
本当に今飼うのか?
生活は大丈夫か?
会社もあるし、旅行も行けない。
じゃ、見捨てるのか?
あの子はこの先どうなるんだろう?
家族になってあげなきゃ、あの子はやっぱり諦めてしまう。「どうせ。。。」って。

何度も涙が出ました。

そして朝になって、
「これだけ悩むんだったら、家族として迎えようと思う管理人は、あの子を裏切りたくない」

寝不足丸出しで『お迎え』に行きました(笑)

着いたのがお昼前だったので、例の店員さんは「来られないのかな、と思ってました。」と嬉しそうに話してくれた。
悩みに悩んで迎えに来た経緯を話すと「お姉さんならこの子が幸せになると思ってたんで良かった。」と言ってくれました。

そして、『売れ残りの小柄な、ちょっとへそ曲がりのボーダーコリー』を、これから少し遅ればせながらだけどすっごい幸せに羽ばたくようにブランド名からとって『ティファニー』と名付けました。

見にくいアヒルの子が白鳥になるように。。。

これが、ティファニーとの出会いでした。

その後、新築の管理人の家を、どれだけ荒らしてくれたことか(笑)
築1年が、一気に1ヶ月で3年くらい経過した感じにしてくれましたよ。

都会生まれの、都会育ちのボーダーのティファニーが、まさかつくば市や岡山の山の中で暮らすことになるとは!です。

そんなティファニーですが、ボーダーなのに7ヶ月になって、管理人と所に来るまでお散歩すらしたことがありませんでした。
それにどうもショーケース内で大きくなりすぎないようにフードの量を減らされていたようで、ガリガリ。
オモチャでも遊んだことがない。
管理人は犬を飼った経験があり、生物の勉強を学生時代にして、生物学や行動学を活かして製薬業で仕事してきた管理人は、
ちょっとは知識がある方で、

『犬を飼うときはブリーダーから!!』といつも思っていました。
が、出会いは突然で。。。汗

ティファニーは子犬の時の栄養制限と運動制限で、他のボーダーより運動が出来ず体も弱いです。
すぐに疲れるし。(ダックスのモカより先に)
運動神経がドンくさい。
フリスビーとか憧れだったけど、この子はそういうワンコではないんです。
それはそれで、可愛いのですが(笑)

  • この記事を書いた人

Gbun

大手企業で会社員をしながら、ボクサーをしていました。 ボクサーを引退したあと、会社を辞めて夢だった語学留学をしました。 帰国後、ご縁があり同じ企業に再就職。働きながら社会人大学生として経営学を学びました。 犬好きのアウトドア派です。

-ペット
-,

Copyright© じぶビジネ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.